華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、いけばな女性作家展運営委員、大阪府花道家協会常任理事を務められる。

華務長からのお知らせ

7月の花 月刊「嵯峨」7月号

kamucho_img_03

 

夏到来! 今月の作品は、涼感を誘う水草を、池をゆったりと泳ぐ双魚を描いたお皿にいけています。

 

写真の睡蓮は熱帯性のもので、花茎が水面から立ち上がる性質があります。 エジプトでは花が開くときの花弁の様子が、太陽の光線に似ると考えて、 睡蓮を太陽のシンボルとして尊敬していたということが伝わっています。

エキノドルスは南アメリカ原産 オモダカ科の抽水植物、 水槽の中に沈めて鑑賞できる植物で花はオモダカに似ていてとても愛らしいものです。

 

さて、睡蓮は花暦として洋の東西を問わず夏を象徴する植物ですね。

夏の七草 「涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ はちす かわほね さぎそうの花」 葦(ヨシ)藺(イ)沢瀉(オモダカ)未草(ヒツジグサ)蓮(ハチス) 河骨(コウホネ)鷺草(サギソウ) 昭和の初め頃の園芸研究家、勧修寺経雄の和歌より。

この風流な歌の中に詠まれているのはすべて水草(ミズクサ)、未草は日本原産の睡蓮。

京都地区連絡協議会主催のいけばな公開講座

01

 

01

 

嵯峨御流京都地区連絡協議会主催のいけばな公開講座「華やかな平安文化の薫りをいける」が大覚寺内華道芸術学院で開催され、辻井ミカと西村強甫理事が担当致しました。

 

02

 

03

 

13時に田口小枝甫運営委員長のご挨拶で開講。30分間の講演に続いて、デモンストレーションは生花「谷間」、景色いけ「沼沢の景」、花衣桁、十二律管、懸花「端午の薬玉」「重陽の茱萸嚢」。京都地区8司所から、約350名ものご参加があり、盛会でした。

2014年度事業のお知らせ

6月、新緑にキラリと光る水滴がひときわ鮮やかな季節となりました。さて、嵯峨御流華道総司所では、4月1日から華道執行部の役員改選により、新しいメンバーで華道企画と運営を務めて参りますので、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

今年度の事業が既に始まっておりますのでご紹介いたします。

 

今年から3年間の間に、嵯峨御流全国17地区において、各地区主催の「いけばな公開講座『華やかな平安文化の薫をいける』」が開催されます。これは、嵯峨御流いけばなの魅力を、各地区の皆様方にさらにアピールし、嵯峨のファンを増やしていただけるよう、華務長と理事が二人で出向いて講演及びデモンストレーションを見ていただく企画です。

第一回目は6月29日に京都地区連絡協議会主催、大覚寺において開催されます。旧嵯峨御所ならではの雅やかなテーマを選ばれていますので、また報告記事を書かせていただきます、お楽しみに。

 

次に、総司所会員限定企画として、年度内に3回、総司所で開催される「遊花一日」につきましてお話しします。

7月26日(土)の夏期大学講座は私がデモンストレーションを担当させていただきます。

テーマは「水の表現 守・破・離」。講義内容は、命の根元である水の大切さについて、また、様々な分野から水の表現を引用して解説します。

実技は飾盛体で、水をテーマに遊び心で挑戦していただきます。

また、この日に合わせて、大沢池で「観蓮節」が開催されます、夏期大学講座受講の方は、朝9時30分から開講時間前の10時15分まで無料で、消夏飲酒法「象鼻杯」を体験していただけますので、受講される皆様は、早めに大沢池にお越しくださいませ。京都嵯峨芸術大学の学生さんと、日本バーメンズ協会のバーテンダーの皆様がアテンドして下さる贅沢な象鼻杯をお楽しみください。

 

次に、「ゼミナール講座」や、花材を限定した特別研究会「葉蘭専科」「燕子花専科」「水仙専科」をそれぞれ開講します。

早速「ゼミナール講座 荘厳華」、「ゼミナール講座 生花」、「燕子花専科」の受付が始まりました。開講日は、荘厳華6月23日、生花6月24日、燕子花専科は7月16日、17日です。お申し込みはお電話で。まだ間に合いますので、お申込みをお待ちしています。

 

お申し込み・お問い合わせは、下記へどうぞ。

華道芸術学院

電話:075-871-0181

 

いろいろな講座に参加して、学ばれたことをお友達や生徒さんに伝えていただき、お花を通じて喜びの輪を広げていただければ嬉しいです。

ページトップへ