華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

荘厳華麗

1501_p4

月刊嵯峨、1月号。門跡様のお言葉は「荘厳華麗」。

私のいけばなは、黄金這ビャクシンの華麗な姿から、飛翔する鶴を連想したものです。

飛翔の「翔」には羊の字が含まれています。象形文字の羊は正面から見た羊の頭で、先の「、、」は、角を表すと辞典にありました。「美」「善」「祥」「鮮」「養」など、羊は人に多くの恵みをもたらしてくれるものとして、良い意味に使われます。

本年が、実り多く豊かな年となりますよう、吉祥をお祈りいたします。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、大阪梅田・阪急百貨店コンコースウィンドー7面に、嵯峨御流が迎春いけばな大作7点を展示します。巨大なウィンドーで、一面の大きさは、高さ4m、幅最大7m、奥行き約1mです。期間は、12月26日から27年1月13日まで。いけるのは、大阪地区連絡協議会の9司所から約75名の華道家、及び、はな古伝・大阪園芸社の花屋さんと、宮田工務店さんなど、合計約100名。皆さんと一緒に、がんばりますので、近くへお立ち寄りの際は、ぜひ見に来てくださいね。

書家・西野象山先生 玉龍先生 桃笠先生が主宰されている「心象書道会展」に伺い

但馬にお住まいの、西野先生ご一家は、皆様が日展の書家でいらっしゃいます。写真中央は西野象山先生。西野桃笠先生(写真左端)は、但馬司所西村強甫先生の元で嵯峨御流を勉強しておられます。また、玉龍先生(左端)は、幼少の頃、美作司所今石一甫先生と幼なじみでいらしたご縁で、平成25年11月に嵯峨御流美作司所華展の景

色いけ大会場に、迫力の書き下ろしを展示され、拝見したときの感動は今も強烈に心に残っています。

今石先生は、「書の道一筋にがんばっておられる西野先生、自分は地方公務員、それぞれの道を歩んでも、縁は不思議なもので、仕事を通じて再度ふるさととの出会いが待っていました。故郷を共有する西野先生に、書を通して美作司所の華展に華を添えていただき、書と花の出会いが人と人との出会いの大切さをより一層深いものにする

ということを、身を以て体験しています」故郷を思う気持ちが人と人をつなぎ、書と花とをつないだ・この事にとても感動致しました。大きな書は、美作司所華展での作品。

068 069 177 IMG_5614

いけばなインターナショナル フェアー2014

12月8日(月) 東京プリンスホテルで開催された、「いけばなインターナショナルフェアー『流派家元によるいけばな展」に、嵯峨御流が出瓶しました。今年の挿花は、埼玉司所にお世話になりました。華展では、いけばなインターナショナル名誉総裁高円宮妃久子殿下の御巡覧があり、小川秀水埼玉司所長が妃殿下からお言葉を賜りました。フェアーは、『いけばな各流お家元によるいけばな展』のほかにも、『各国大使夫人によるインターナショナルバザー』や、各国大使館やI.I.会員によるバラエティーショップなどがにぎやかに開催されていました。バザー会場では、モロッコ大使夫人・アルール唱子様と嬉しい再会!ができてとても嬉しかったです。昨年、大覚寺で

の嵯峨御流の華道祭「美しい地球をいける『大使夫人といける愛すべき世界の風景』」に8か国大使夫人をお招きして自国の風景をいけていただいた時に、モロッコ大使夫人は砂漠のオアシスをいけて下さったのでした。以来、お目にかかるといつも親しくお言葉をかけて下さるのです。

セレモニーでは、高円宮妃久子殿下がスピーチをなさり、いけばなインターナショナルのモットーである“花を通じての友好“、慈善活動と財源補給のための最も大きなイベントとしてフェアーの意義や協力者への感謝の言葉を述べられました。

 

IMG_5953 IMG_5974

『Ikebana & Bonsai Engagement 2015』雅山社: 洋書 (英語) Diary

この中に、嵯峨御流の3作品が掲載されています。

私のページは、写真の通りで、12月のクリスマスに祈りを込めたいけばなです。

花器は宇野仁松作「クルス」。花材は透し百合・南天・縞シャガ・薔薇・ヒペリクム など。海外の方への、クリスマスギフトとして重宝するダイアリーです。入手をご希望の方は、書店の普通のカレンダー売り場ではなく、「洋書」のコーナーでお問合せいただくと良いようです。

@IMG_4692 @IMG_4695

看看臘月尽(みよみよろうげつつく) 

 

@1412_P1

 

嵯峨12月号の門跡猊下のお言葉は「看看臘月尽」

 

臘月すなわち12月はあっという間に過ぎていくぞ!と言われているのですね。まさにその通りで、北風に押されるように今年も終わろうとしています。

コートの襟を立てて速足に街を歩く人々、その慌ただしい雰囲気の中にも、クリスマスや新年を迎える華やぎが感じられます。

作品では、吹きすさぶ寒風のイメージを、オーガスタの枯葉の姿に託しました。葉をメタリックゴールドに染めて、自然の形をさらに強調しています。

看よ!看よ!新年はすぐそこまで来ている!という期待を込めて挿花しました。

ページトップへ