華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

9月5日。いけばな新進作家展2017 後期を拝見しました。

心斎橋大丸北館14階で8月31日から9月5日まで開催されている、産経新聞社主催「いけばな新進作家展2017」を拝見しました。全116名のうち、嵯峨御流からは前期6名、後期6名の12名が出品されています。

今回のテーマ”水景”に因んだ作品が、多く見受けられました。

嵯峨御流の6名の先生方の作品を、私のスナップ写真でご紹介します。

IMG_5282_サイズ変更 
IMG_5280_サイズ変更

小田ひさ甫

 
 
IMG_5279_サイズ変更

名村裕喜甫

 
IMG_5278_サイズ変更

西村真理甫

 
IMG_5273_サイズ変更

白井孝甫

 
IMG_5272_サイズ変更

三宅奈津甫

 
IMG_5271_サイズ変更

松本惠理甫

 

9月4日、5日。龍村美術織物の「斐成会」に、嵯峨御流がお祝いのお花を挿花させて頂いております。フォーシーズンズにて。

この両日、京都市内のフォーシーズンズホテル 京都1階ボールルームにて。

10時から17時まで、素晴らしい織帯の新作をふくめた数々の工芸品ともいえる帯が展示されております。

豪華な作品の中に、初秋のいけ花をお祝いの心を込めていけさせて頂いております。ぜひ、お運び下さい。

IMG_5253_サイズ変更 IMG_5258_サイズ変更 
 IMG_5252_サイズ変更 IMG_5257_サイズ変更
 IMG_5254_サイズ変更 IMG_5255_サイズ変更
 IMG_5251_サイズ変更 IMG_5246_サイズ変更
 IMG_5256_サイズ変更 

9月12日~29日。コラボレーション展【献】。私は葉蘭を生けます。

【献】のこころが育んだ形を重んじる日本文化 をテーマとしております。

[概要]本展は、秦泉寺由子(キルト・テキスタイル)プロデュースのもと、荒川尚也(ガラス)、辻井ミカ(嵯峨御流)、珠寳(花士)の四名が、創造と伝統のもつ型との関係を探ります。文化によって発展・進化してきた型を創造します。

[会期]

全会期は9/12~10/15。

辻井ミカ9/12~9/29の期間中挿花。

珠寳 9月30日。

 

[イベント]

9/16(土)「オープニングトーク・演奏・レセプション」

   14時~秦泉寺由子・荒川尚也

   15時30分~ オーボエ奏者・杉原玄一郎

   17時~レセプション

 

9/30(土)「献花・茶会」

 14時~献花 珠寳

 16時~茶会 芳野温子

image1

9月1日。「いけばな新進作家展2017」を拝見しました。

心斎橋大丸北館14階で8月31日から9月5日まで開催されている、産経新聞社主催「いけばな新進作家展2017」を拝見しました。全116名のうち、嵯峨御流からは前期6名、後期6名の12名が出品されています。

今回のテーマ”水景”に因んだ作品が、多く見受けられました。

嵯峨御流の6名の先生方の作品を、私のスナップ写真でご紹介します。

_1267956_サイズ変更

IMG_5149_サイズ変更

荻野弥甫

 
IMG_5140_サイズ変更

鈴木篤甫

 
 
IMG_5139_サイズ変更

駕田尚甫

 
IMG_5137_サイズ変更

岡崎玉峰

 
IMG_5136_サイズ変更

土畑純峰

 
IMG_5135_サイズ変更

鷲尾のり子

8月6日。広島で、平和を願ういけばな展に出品しました。

「国境の無い花たち展2017」に出品しました。

http://www.sagagoryu.gr.jp/post_id_8861/

 平和な世界の実現を願ういけばな展は、いけばなインターナショナル広島支部により、昨年に続いて今年も市内繁華街にあるシャレオ紙屋川中央広場で開催されました。一般の方々が誰でも立ち寄れる場所で、いけばなが伝える平和へのメッセージがより広まっていきますように、との願いを込めて、私も作品を出品させて頂きました。

花材は芭蕉です。

嵯峨御流から沢山の出品がありましたが、ここでは主催のいけばなインターナショナル広島支部長で、この運動を繋げていくためにご尽力された、嵯峨御流の青野直甫先生の作品をご紹介させて頂きます。

オープニングセレモニーには、いけばなインターナショナル会長片野順子様はじめ大阪支部や福岡支部などのメンバーが参列されました。この意義あるいけばな展がこれからも人々の平和を願う心をつないでいきますように!

P1380864_サイズ変更_サイズ変更 P1380865_サイズ変更_サイズ変更 
 P1380895_サイズ変更_サイズ変更 P1380896_サイズ変更_サイズ変更
 P1380900_サイズ変更_サイズ変更 P1380780_サイズ変更_サイズ変更
  

7月31日。愛宕山に登拝して。

7月31日の千日詣の日に、愛宕山を参拝させて頂きました。

霊山愛宕山は火伏せの神様として信仰篤く、また、愛宕山太郎坊という天狗の神験によって開かれた修験道の山であり、神仏習合の時代には白雲寺というお寺であったそうです。

鎮護国家を願って建てられた愛宕権現白雲寺は、大覚寺の管轄でした。

大覚寺にご縁が深いこともあり、毎年大覚寺派伝灯学院生の方と寺内僧職の方々 が登拝されています。

今年、私も皆様と登拝させて頂きました。

朝10時頃、総勢14名が清滝の登山口から登りはじめましたが、修験道の山だけに、かなり厳しい参道です。皆様は1時間半程で、私は2時間かかって頂上の愛宕神社へ到着。

本殿と若宮(奥の院)で、僧侶の皆様の作法にならい、般若心経をお唱えし、柏手を打って参拝致しました。

愛宕山⑤ IMG_4802_サイズ変更 
 IMG_4764_サイズ変更 IMG_4803_サイズ変更
  

「国境の無い花たち展2017」~8月6日にひろしまで花をいける~に出品します。

8月6日に毎年広島市内の、シャレオ紙屋町中央広場で開催されているこの花展は、一人のフラワーアーティストが1986年4月にチェルノブイリの原子力発電所で起きた原発事故を発端に、その後の10年間毎年8月6日に広場の地を訪れ、ただただ平和を願って花を生け続けた「平和を願う花いけ」が、その後、共鳴者を呼び、「国境の無い花たち展」 となって昨年まで毎年いけられていたもの。一昨年、被爆70年を機会に一旦幕をひかれましたが、嵯峨御流の青野直甫先生のご尽力で昨年からいけばなインターナショナル広島支部が主催される事となり、趣旨である平和への願いが、さらに世界へ広がる事になりました。平和だからこそ花が生けられる、この平和を願う気持ちがさらに大きな輪となっていきますよう、お祈りしております。

今年、私も作品を出品させていただきます。お近くへお越しの際には、お立ち寄り下さいませ。

8月6日(日)10時から20時

広島市内、紙屋町シャレオ中央広場。

IMG_4902_サイズ変更 IMG_4903_サイズ変更 

7月25日。「京都花包研究会✖️SOU・SOU」レセプションに出席しました。

 

京都高島屋1階正面ウィンドウに、「京都華研究会✖️SOU・SOU」コラボ作品が展示されています。初日の今日、レセプションに出席致しました。京都華包研究会同人の芦田一春先生、大津智永先生、笹岡隆甫先生、杉崎友紀先生による作品のコンセプトなどをお聞きしたあと、芦田一馬遠州家元の華包のお話を伺う事が出来ました。

IMG_4658_サイズ変更 IMG_4662_サイズ変更 
 IMG_4664_サイズ変更 IMG_4665_サイズ変更
 IMG_4667_サイズ変更 IMG_4669_サイズ変更
 IMG_4672_サイズ変更 IMG_4673_サイズ変更

華道総司所主催の行事 「7月21日 生花コンペ 」「 7月22日 遊花一日『夏期大学』」

7月21日。今年の生花コンペの花材は朝鮮槙、募集定員50名のところ満員で行なわれました。厳正な審査の結果、残念ながら最優秀賞は選ばれませんでしたが、優秀賞に2作、佳作に5作が選ばれました。もうあと少しで入賞!の作品も多く、です。審査発表が終わり、コンペ会場は、凛とした姿の50作の生花が並び、壮観でした。

 7月22日。遊花一日夏期大学。夏期大学に合わせて恒例行事となりました大沢池での象鼻杯は今年も嵯峨御流会の先生方によるご奉仕で。夏期大学は、『京都嫌い』著者井上章一先生のご講演と、服部孝月華道企画推進室長によるその後華道企画推進室室長 服部孝月先生によるデモンストレーション「源氏の恋人たち」、午後は「想い花:雅」の実技でした。

 服部先生は、平安貴族の衣の配色で四季折々の自然の色彩を採り入れた雅な配色美について、流暢にお話になりながら5作品をいけられました。

 午後の実技は、雅をテーマにした想い花。

 内容については、こちらもあわせてご覧ください。

http://www.sagagoryu.gr.jp/post_id_8733/

 

IMG_4594 IMG_4599 
 IMG_4618 IMG_4619
 IMG_4620 IMG_4621
 IMG_4622 image1
  

60年に一度だけ咲く、リュウゼツランの花。

大覚寺のすぐそばのお宅にある巨大なリュウゼツランの株に花が咲きました。この植物からとれるシロップがテキーラの原料になることでも知られています。花は、一株から一花が数十年に一度だけ咲き、咲いたあとは枯死する、ということからセンチュリープランツという名前もあります。一花だけ咲く花で、咲き終わるとこの株は枯れてしまいます。でも、枯れる前に子株を宿しているとのこと。

ご主人に伺ったところ、このリュウゼツランの親株には、昭和25年に花が咲いたそうです。

image1_サイズ変更  

ページトップへ