平成30戊戌歳 新年拝賀式を執行

平成30年1月5日に恒例の新年拝賀式がホテルグランヴィア京都において厳粛に執り行われました。

拝賀式に先立ち、振り袖姿の師範たちが新春を言祝ぐ作品をいけあげ、会場へ供華なされました。

 

次に若松の生花一対の献華、岡田副総裁による慶讃文の奉読、伊勢宗務総長、辻井華務長、森本嵯峨美術大学学長の賀詞言上の後、お口祝いの儀が行われました。

門跡猊下のご垂示の後には、辻井華務長から創流1200年記念新花「花がさね」の発表と共に、デモンストレーションが披露されました。

そして嘉原大覚寺派宗会議長の乾杯ご発声で開宴となりました。

途中、恒例のお楽しみ抽選会や初いけ師範の挨拶などもあり、参加された方々はおおいに楽しまれました。

 

 

 

 

ページトップへ