2017年2月17日。一光流家元継承記念展を拝見いたしました。

国宝 元興寺禅室において開催された記念花展は、一光流先代家元の梅田博宣先生の一周忌追善と、平成28年4月1日に二代目家元を継承された梅田和伸先生の家元継承記念展でした。

先代お家元が、この元興寺とのご縁が始まりだったことから、二代目お家元も継承記念花展はこのお寺でとの御意向だったと伺いました。

国宝のお堂は、柱や壁にも歴史の重みが感じられ、会場に設えられた数百枚の蓮葉から漂う蓮の芳香がお堂の隅々にまで満ち、清らかで厳かな雰囲気の中で、先代の遊び心が偲ばれる御遺作の品や、お洒落な一光流スタイルの作品の数々を拝見させていただきました。

IMG_1622

家元 梅田和伸先生の作品

 

IMG_1623_サイズ変更

一光流二代目家元 梅田和伸先生。数百枚の蓮葉と散華の前で。

 
IMG_1625_サイズ変更

先代家元 梅田博宣先生のご遺作。先生の遊び心が偲ばれる。白いマイセンの白磁皿に、ご自身が絵付けされ、陶器の梅皿を貼られた作品。

 
 IMG_1635_サイズ変更 IMG_1634_サイズ変更
 IMG_1632_サイズ変更 IMG_1631_サイズ変更
 IMG_1626_サイズ変更 IMG_1630_サイズ変更
 IMG_1620_サイズ変更 

 

ページトップへ