埼玉大学教育学部附属中学校:修学旅行でいけばなを体験!

お知らせ

平成29年9月27日に埼玉大学教育学部付属中学校の修学旅行「日本文化探求講座」の学習におきまして、華道総司所:大覚寺でのいけばなを希望された生徒さんたちがいけばな体験をされました。

この体験講座は埼玉大付属中学校による京都の伝統や文化、人々の生き方、考え方を学習される修学旅行であり、一昨年より大覚寺での体験活動を行っております。

 

 

 

この日は午前9時半から華道芸術学院におきまして、黒田祥甫華道芸術学院副学院長による「いけばな嵯峨御流」についての講義と、「野」の花器を使った体験指導が行われました。

はじめは、ぎこちなく花を手に取られていた生徒さんたちも、イメージが決まると皆さんスムーズに想い花をいけあげられました。

その後は、大覚寺僧侶と共に境内を参拝され、大覚寺を後にされました。

 

 

 

ページトップへ