いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

一日一華。4月30日。

景色いけ「沼沢の景」を、正寝殿の腰障子に描かれた沢瀉(オモダカ)の前にいける。


沢瀉の絵を見ていて、大覚寺の祭として始まった「嵯峨祭」の「沢瀉鉾」の事を思い出しました。今年は、450年以上の歴史ある嵯峨祭の神幸祭(5月第3日曜)・還幸祭(第4日曜)ともに中止となり、残念でなりません。

例年、還幸祭では愛宕神社・野々宮神社の二基の神輿が五つの剣鉾(沢瀉鉾、菊鉾、麒麟鉾、牡丹鉾、龍鉾)の先導で魔を払いながら大覚寺へ到着します。普段は使われない勅使門が開かれ、神職による祝詞と、僧侶による読経が行われたあと、剣鉾と神輿は嵯峨一帯を練り歩くのです。

 

ページトップへ