いけばな嵯峨御流

令和3年1月号 いけばな通信:全国司所活動

日本全国各司所のさまざまな活動をご紹介します。

平安司所

 

大阪府高槻市の「学校法人大阪医科薬科大学」高槻中学校・高槻高等学校で9月19、20の両日、文化祭が催されました。新型コロナウイルスでの緊急事態宣言発出中ではありましたが、厳重な感染防止対策を取りながら生徒と教職員のみで実施されました。垣花悦甫、児嶋知代甫両師範が指導する華道部は、同校の「日本文化室」で“コロナ禍で弱った心を元気にしたい”という思いを込めて、部員全員が1作ずつ作品を挿花、発表しました。

平安司所長/長谷川明洲

北九州司所

 

第43回西日本陶磁器フェスタが9月16日から20日までの5日間、福岡県北九州市の西日本総合展示場で開催され、北九州いけばな協会所属14流派の華道家が、出展窯元提供の花器・花瓶を用いて、いけばなの競演を行いました。当流からはお迎え花を初め3名が出瓶し、会場に華やぎを添えました。

司所長/植田規容月

ページトップへ