特別講習会「生花ゼミ 伝承の花(Ⅰ)」を開講しました

嵯峨通信

4月21日、華道芸術学院で特別講習会「生花ゼミ 伝承の花(Ⅰ)」が「桜散り景色」をテーマに開講されました。

今回は村上巨樹いけばな文化綜合研究所長が講師を、白川恵甫副所長が助手を務められました。

まず、午前中の講義では嵯峨の伝書、桜のいけ方、桜散り景色にを中心に説明され、午後の実技では普段いけることのできない大きな山桜を使用しての実技に悪戦苦闘しながらも納得のいく「桜散り景色」がいけあがり、満足された一日になりました。

 

ページトップへ