大覚寺に新春花を挿花しました。

嵯峨通信

 

いけばな嵯峨御流は毎年、華道総司所である大覚寺境内に新春花の挿花を行っております。

今年は辻󠄀井ミカ華務長、服部孝月華道企画推進室室長と教授・派遣講師の先生方10名にご協力いただきました。

供待の大作を始め、寺内の各お堂には迎春を祝うお花が挿花され、新年の訪れを感じさせてくれました。

 

大覚寺は年末年始も通常通りご参拝いただけますので、この機会に是非ご参拝いただけたらと思います。

それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

ページトップへ