総司所会員限定企画「生花ゼミ」伝承の花(Ⅲ)を開講しました。

嵯峨通信

平成31年1月29日(火)、華道芸術学院におきまして総司所会員限定企画「生花ゼミ」伝承の花Ⅲが開講されました。

今回は「松竹梅の挿方」をテーマに本田博甫副華務長と青野直甫華道企画推進室副室長が講師を務められました。

 

午前中の講義では本田副華務長が松竹梅の発祥、日本の松竹梅と中国の松竹梅の違い等の説明や、竹の切り方を図を用いて解説されました。

そして午後からは実技の始まりです。

約100名の参加者が一斉に竹を切る光景には迫力がありました。

皆さん一心不乱に取り組まれ、近頃の寒波を吹き飛ばす様な熱気に教室が包まれる中、立派な松竹梅をいけあげられました。

ページトップへ