いけばな嵯峨御流

嵯峨天皇奉献華を挿花しました。

嵯峨通信

令和2年4月9日、旧嵯峨御所大覚寺・いけばな嵯峨御流華道総司所において嵯峨天皇様への奉献華が挿花されました。

本来ならば本日より3日間に亘り、嵯峨天皇奉献華道祭が実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止とさせていただきました。

そのため辻󠄀井ミカ華務長を中心として、はな古伝様等のご協力の下、総司所である大覚寺の式台玄関と供待、心経前殿に挿花がなされました。

また、本日の朝勤行においては嵯峨天皇奉献華並びに新型感冒感染症終息平癒祈願法要が執り行われました。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息をお祈りしております。

ページトップへ