いけばな嵯峨御流

庄司信洲いけばな文化綜合研究所相談役 特別講座を開講しました。

嵯峨通信

9月18日(金)、華道芸術学院におきまして庄司信洲いけばな文化綜合研究所相談役 特別講座を開講いたしました。

「子歳の理美学」をテーマに大沢池の散策と講演、デモンストレーションという内容で、庄司相談役が講師を務められました。

この日のテーマの一つである、我が国庭園の理美学「大沢池から学ぼう」と題した講演に向けて、まずは大沢池の散策へ。

嵯峨御流とも関係の深い、大沢池の庭湖石や名古曽の滝跡、菊ヶ島について語っていただきました。

午後からは「子歳の理美学」をテーマに講演とデモンストレーションなりました。

花瓶の他に、帽子やお椀を花器に見立てた作品や、髪留めを花留に使った作品など一風変わったいけ方の作品を披露されました。

庄司相談役のユーモアあふれるトークに、笑いの絶えない講座となりました。

ページトップへ