いけばな嵯峨御流

アートコンテスト「生花コンペ2022」を開催いたしました。

嵯峨通信

嵯峨御流アートコンテスト2022「生花コンペ」を7月30日に開催いたしました。

今年の花材は伊吹。昨年に続きコロナウイルス感染症対策として華道芸術学院1階教室で実施いたしました。

厳正な審査の結果4名の受賞者が決定し、伊勢俊雄理事長より賞状が授与されました。

受賞者は次の通りです。

佳作

柴田 將蓮(飛鳥司所)

藤田 定甫(京都華道会司所)

山下 悟甫(神戸山手司所)

堀 由紀甫(平安司所)

 

表彰式終了後には西村強甫副華務長、青野直甫華道企画推進室室長、村上巨樹華道芸術学院長、谷田緑甫いけばな文化綜合研究所長に、参加者全員の作品をご講評いただきました。

生花コンペは審査員の先生方から直々にアドバイスを頂ける貴重な機会です。

作品は次の日のSummer College☆の日まで展示され、多くの方にご覧いただきました。

来年も皆様のご参加をお待ちしております。

ページトップへ