いけばな嵯峨御流

大覚寺と辻󠄀井ミカ華務長がテレビ出演いたします。

嵯峨通信

令和元年6月18日(火)に放送予定のBS朝日の「京都ぶらり歴史探訪」に、大覚寺と辻󠄀井ミカ華務長が出演いたします。

https://www.bs-asahi.co.jp/kyoto_burari/lineup/prg_069/

四季折々、様々な花で彩られる京都。おごそかな寺社仏閣に可憐に咲き誇る花もまた魅力です。今回は女優の檀れいさんが、初夏の時期、都を代表する寺院から、知る人ぞ知る社(やしろ)まで、境内や庭先などで見頃を迎える花々を訪ねます。
平安神宮の庭園では、天皇が愛したと伝わる「折り鶴」という珍しいカキツバタを鑑賞。さらに『万葉集』で詠まれたカキツバタの歌も紹介します。浄土宗の祖・法然上人ゆかりの法然院で毎日、本尊の前に25枚の花びらを散り敷く意味とは。また生け花の源流が、今も脈々と受け継がれていると言われているのが、銀閣寺。日本の美意識を形造った指南書も発見します。1万株のアジサイが咲き乱れる三室戸寺(みむろとじ)にも足を運びます。境内には、極楽に咲く花と言われる蓮が。蓮が仏教で珍重されている背景には、経典に書かれているという5つの教えが……。寺に何気なく咲く花に秘められた、奥深い物語をお届けします。

(番組HPより転載)

 

是非ご覧くださいませ。

 

ページトップへ