いけばな嵯峨御流

「宝祚無窮(ほうそむきゅう)祈願法会」を厳修いたしました。

嵯峨通信

10月1日、いけばな嵯峨御流華道総司所である大覚寺で「宝祚無窮ほうそむきゅう祈願法会」が執り行われました。

この法会では10月22日に、即位礼正殿そくいれいせいでんを控えた天皇陛下の御大典を奉祝し、宝祚無窮ほうそむきゅう 天下泰平 万民豊楽を祈願されました。

 

嵯峨天皇さまの離宮に発祥する旧嵯峨御所大本山大覚寺と、嵯峨天皇さまを御始祖と仰ぐいけばな嵯峨御流は、皇室の弥栄を心よりお祈り申し上げます。

御大典に際しまして、大覚寺の式台玄関に奉祝記念作品を挿花させていただきました。

こちらの作品は10月3日まで展示予定となっております。

 

いけばな嵯峨御流は華道執行部の先生方にご出仕いただき、大覚寺の大玄関に奉祝花を、心経前殿には荘厳華一対を挿花、「宝祚無窮ほうそむきゅう祈願法会」では生花一対を献華いたしました。

南北朝時代に講和会議が行なわれたと伝わる、大覚寺重要文化財の正寝殿しょうしんでん御冠おかんむりの間」が本日より10月14日まで特別公開されています。

そして奉祝 皇位継承 大覚寺 令和元年 秋季名宝展「皇室と大覚寺」が霊宝館にて開催されています。こちらは12月2日までの開催となっております。

また、昨年の台風21号の被害を受けた、勅使門の修復が1年がかりで漸く終わりました。

是非、10月の大覚寺をご参拝ください!

ページトップへ