いけばな嵯峨御流

水仙専科レッスン7を開講しました。

嵯峨通信

12月6日(金)、華道芸術学院におきまして総司所主催特別講座「水仙専科」レッスン7を開講しました。

今回の「水仙専科」は「三才格」をテーマに唐川幸洲華道芸術学院副学院長が講師を務められました。

 

講義では、唐川副学院長が水仙のため方や袴のはかせ方を説明しながら実践するのを、受講生たちは熱心に聴き入っていました。

実技では二元、もしくは三元の三才格となり、受講生は唐川副学院長の指導の下、熱心に取り組まれ、とても活気のある講座となりました。

水仙の一生のどのあたりを自分はいけようとしているのかを問いかけて、その時季にあった組み方、いけ方を受講生は再認識されました。

ページトップへ