いけばな嵯峨御流

初心者対象講座-わかりやすいいけばな-を開催いたしました。

嵯峨通信

10月3日(土)、華道芸術学院におきまして「初心者対象講座-わかりやすいいけばな-」を開催いたしました。

これは入門から奥伝までの許状拝受者を対象にした講座で、辻井ミカ華務長が講師を務められました。

まずはいけばな嵯峨御流の総司所である大覚寺の諸堂を僧侶の案内の下参拝し、五大堂の観月台では辻井ミカ華務長から大覚寺や嵯峨御流についての説明を受けました。

その後、辻井ミカ華務長によるお生花のデモンストレーションが行われ、昼食の後、受講生たちは朝鮮槙を使った生花・三才格の実技となりました。

実技指導には西村強甫華道芸術学院長と青野直甫華道企画推進室室長も加わっていただき、活気のある授業風景となりました。「参加された全員がお生花をいけられるようになって、帰ってもらえる講座にしたい」とは辻井ミカ華務長の談。その言葉通り、皆さん立派な三才格をいけあげられました!

 

またこの日は「基礎から学ぶゼミナール」荘厳華も開催されていました。

ページトップへ