いけばな嵯峨御流

アートコンテスト「生花コンペ2020」を開催いたしました。

嵯峨通信

11月22日(日)、アートコンテスト2020「生花コンペ」を開催いたしました。

今年の花材は朝鮮槙です。参加者たちは90分間という限られた時間の中で生花に挑みました。

今年はコロナウイルス感染症対策として1階の広い教室で開催です。

会場が緊張感に包まれる中、参加者たちは真剣な表情でいけこみ、作品を完成させました。

厳正な審査の結果5名の受賞者が決定し、伊勢俊雄理事長より賞状が授与されました。

受賞者は次の通りです。

佳作

笹島 恵甫(富山司所)

嶋谷 美甫(橋立司所)

東森 政甫(丹波司所)

苗田 綾甫(橋立司所)

西本 恵理甫(播南司所)

 

表彰式終了後には辻井ミカ華務長、青野直甫華道企画推進室室長、西村強甫華道芸術学院長、村上巨樹いけばな文化綜合研究所長に、参加者全員の作品をご講評いただきました。

四役の先生方から直々にアドバイスを頂ける貴重な機会にもなっています。

作品は次の日の井上治学術顧問華道史講座の日まで展示され、多くの方にご覧いただきました。

来年も皆様のご参加をお待ちしております。

ページトップへ