いけばな嵯峨御流

令和3年 北嵯峨高校 いけばな体験授業を実施いたしました。

嵯峨通信

7月7日、大沢池に隣接する京都府立北嵯峨高等学校の国語科の生徒を対象としたいけばな体験が行われ、3年生29名が受講しました。

これは伝統文化事業の一環として行われたもので、主任教授の中西千里甫先生と派遣講師の鈴木篤甫先生、藤原由美甫先生が講師を務めました。

この日は七夕ということもあり、中西先生から「七夕の花」や日本の行事といけばなについての説明受けた後、生徒は丸水盤と七宝を使って盛花を挿花しました。初めてのいけばなに最初は戸惑っていた生徒たちも、次第に楽しそうに取り組まれ、右盛体を完成させました。

学校に戻ると生徒たちが作品をいけなおし、この日学んだ盛花右盛体が展示されました。

http://www.kyoto-be.ne.jp/kitasaga-hs/mt/Kitasaga_Topics/2021/07/post-651.html

ページトップへ