いけばな嵯峨御流

葉蘭専科レッスン10初級・上級を開催しました。

嵯峨通信

総司所企画講座「葉蘭専科」レッスン10が11月18日、華道芸術学院で開催されました。

今回は初級クラスと上級クラスの2クラスが同時開講され、初級クラスでは三才格をテーマに藤村華水華道総司所理事が、上級クラスでは七曲をテーマに唐川幸洲華道芸術学院副学院長が講師を務めました。

初級クラスでは葉蘭を使った三才格を基礎から学びました。上級クラスでは七曲の中から、普段はいけることの少ない花態や苦手な花態を受講生自身が選んで取り組みました。

「葉蘭に始まり、葉蘭で終わる」という言葉があるように、いけばなにおいて「葉蘭」は基本でもあり奥深い花材です。内容は違えど、初級クラス・上級クラスの受講生ともに熱心に取り組まれていました。

ページトップへ