華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

11月19日。嵯峨御流山陽司所 吉本利甫先生追悼華展並びに司所創立50周年記念華展を拝見しました。

兵庫県立姫路労働会館に於いて開催された華展を拝見させて頂きました。

別室には、司所創立者である 名誉司所長 吉本利甫先生への追悼の意をこめられた祭壇がしつらえられ、ご遺徳を偲びお参りさせていただきました。

華展はシマハランの生花七曲をはじめとして、心込めていけられた伝承花、心粧華の力作が会場いっぱいにいけられ、半世紀の歴史に新たな一歩を刻もうという意欲を感じました。

IMG_0519_サイズ変更 IMG_0518_サイズ変更 
IMG_0514_サイズ変更 IMG_0515_サイズ変更 
IMG_0517_サイズ変更  

ページトップへ