いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

6月6日はいけばなの日

6月6日、自宅に咲いた花も交えていけてみました。
「6月6日はいけばなの日」
花があると、その周りがあたたかく感じます。

 

スモークツリー
テッセン
ホタルブクロ
ササユリ
シモツケ
ハギ
イトススキ

「6月6日はいけばなの日」

昨年制定された「いけばなの日」は 6 月 6 日 。
コロナ禍が続く今年は、花の力を借りて明るい気持ちになってもらいたいとの気持ちから、(公財)日本いけばな芸術協会会員が、今年は「ガーベラ」(花言葉が「希望」)を生けた作品写真を 6 月 6 日当日に SNS(Facebook・Instagram・Twitter 等)に投稿しましょう!と提案。

この写真は、丁度6月6日当日に、華道総司所において開催されたAクラスの授業を担当しました折にわたくしがいけた心粧華 「祈り花」ガーベラと擬宝珠の葉です。

皆様!嬉しい時、悲しい時、孤独な時も、花をいけてください。掌の中に命が息づいて、自分も周りも明るくしてくれると思います。
花があれば。

#6 月 6 日はいけばなの日 #日本いけばな芸術協会 #いけばなの日 #希望の花
#ガーベラ #花言葉は希望 #花を飾ろう #花を飾る習慣 #花をいけよう #花をいける習慣
#嵯峨御流

 

6月5日。「京都いけばなプレゼンテーション2021」華展を拝見しました

「6月6日はいけばなの日」にちなみ、京都いけばな協会による諸流華展が京都芸術センターで開催されました。嵯峨御流2名の作品をご紹介します。

 

6月6日はいけばなの日

日本いけばな芸術協会が昨年申請された
「6月6日はいけばなの日」を普及するため、協会からの提案がありました。
(以下、協会のホームページを引用します)


https://www.nihonikebana.or.jp/

https://www.nihonikebana.or.jp/2021/05/26/ikebanaday-2/

6月6日はいけばなの日です。
今年も家庭で過ごす時間が長くなってきていますが、花の力を借りて、明るい気持ちになって元気になっていただきたいと願っています。6月6日、希望の花言葉であるガーベラをいけてみませんか。

6月6日、希望の花言葉であるガーベラのいけばな作品写真と下記ハッシュタグをつけてご自身のSNSにぜひご投稿ください。
#6月6日はいけばなの日
#日本いけばな芸術協会
#希望の花
#ガーベラ

※上記ご投稿につきまして、公式SNSでリツイート・リポストさせていただくことがございます。
日本いけばな芸術協会 公式SNS
Instagram https://www.instagram.com/nihonikebana/
Twitter https://twitter.com/nihonikebana

<ご活用ください>
協会HPにいけばなの日のバナーやチラシなどをご用意いたしました。ぜひご活用いただけますと幸いです。
https://www.nihonikebana.or.jp/2021/05/26/ikebanaday-2/

ページトップへ