いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

うめだ阪急ウィンドーのクリスマスが始まりました!

今、うめだ阪急ウィンドーで、7面で一つのクリスマスストーリーが展開されています。マリオネット人形が4mの高さのウィンドーの中で糸縦横無尽に飛び回っているのです!インスタグラムは動画でどうぞ。今年のテーマはくるみ割人形です。
楽しい!嬉しい!幸福な気持ちが活力につながります。

このウィンドー、12月27日から令和4年1月13日まで、嵯峨御流100名のチームによりいけばなが展示されます。いよいよです、乞うご期待!

家元継承20周年記念 勅使河原茜展「ひらく」を拝見しました。

東京 草月会館奥の、草月アトリエにて開催された、いけばな草月流
家元継承20周年記念 勅使河原茜展「ひらく」を拝見しました。圧倒される花の勢い、ほとばしる熱い想いに感動しました。
そして、心打たれたのは、茜家元がアトリエ会場受付で来場者を和かにお迎えされていた事です。

大正大学 仏教学基礎ゼミナールにおいて、嵯峨御流荘厳華を実習しました。

11月16日、大正大学の仏教学基礎ゼミナール(米澤嘉康先生ご担当の授業です)の授業において、春学期の講義に続き、秋学期に荘厳華の実技授業を担当させて頂いています。
教室は、新しく建て替えられた礼拝堂で、大変荘厳で美しい場所です。正面には巨大スクリーンが降ろされて、約30名の学生の半数が対面授業、あとの半数はリモートで行いました。
対面学生のほとんどが実際にいけばなは初めてという方々ですので、100分の講義時間の中で、まず始めにレジメを元にして荘厳華の解説。続いて「そわか」を用いての荘厳華の実技を、説明しながら一枝ごとに全員同時にいけていきました。助講師として石田啓甫、納富貴甫の両派遣講師が学生の間を回って助けていただきましたので、時間内に全員が麗しくいけることができました。
リモートの学生には、各自、紙に「そわか」の花器の絵を描いてもらい、対面学生と同時進行で、枝や花の絵をいけるように描いてもらいました。荘厳華の地水火風空の枝がうまく描けたでしょうか?

終了後は、偶然ですが次の授業が、12月に行われる成道会のための学生による勤行動画撮影とのことで、参考花は一対にして飾って下さり、嬉しい事でございました。

和歌山県いけばな協会所属の嵯峨御流作品

第36回国民文化祭・わかやま2021・きのくに花回
廊<いけばなでつなぐ文化の和>の、近鉄百貨店で11月11日〜15日まで開催された和歌山県いけばな協会展の、嵯峨御流会員の方の作品を、私のスナップ撮影でご紹介します。
前期ご出品の方のものしか写真がありませんので、後期の方の作品はご紹介できず、申し訳ありません。

未生流大阪 興流70周年記念いけばな展

令和3年10月に大阪市内の念佛寺で開催された、
未生流大阪 興流70周年記念いけばな展を拝見させていただきました。
写真は家元新居哲甫先生の大作。
床の間の家元・副家元の御作品です。

10月12日に、令和4年御題花「窓」を発表しました。

嵯峨御流では、天皇様が催される新年御歌会始めの御題に因んだ御題花を華務長が発表して、全国の嵯峨御流門人の方々とともにいけ、お正月を寿ぐと共に伝統文化行事の意義を伝えていくことを大切にして、毎年行っています。
令和4年の御題は「窓」です。
今年作った花器は、曙をイメージしたピンクの色、そして一筋の白い線は純粋で素直な心を表しました。
窓は、外と内を繋ぐものであり、心の窓は常に素直で純粋に磨いておきたい、そのような心を花に込めましたて、来たる年には朝日が登るように、人の心も世の中もだんだんと自然に明るくなっていきますようにとの願いを込めています。

この器は、安定が良いので、嵯峨御流の4花態はもちろん、色々な使い方が考えられると思います。皆様の創意工夫の作品も拝見したいな、と思います。

国民文化祭わかやま2021 「わかやま・いけばな芸術展」和歌山城ホールに作品を出品。

国民文化祭わかやま2021の行事の中で、11月13日・14日に開催された「わかやま・いけばな芸術展」和歌山城ホールに日本いけばな芸術協会近畿地区役員10名が出品し、私も中辺路 近露の風景をイメージした作品を出品しました。

https://kinokuni-bunkasai2021.jp/event/a058/

大覚寺嵯峨菊

11月1日から30日まで、大覚寺境内に飾られる、門外不出の嵯峨菊。
品種は4つ、それぞれ銘がつけられています。
「御所の秋(黄)」「御所の雪(白)」「御所の春(ピンク)」「御所の錦(赤)」。
花や葉にも細かい決まり事があり、約2メートルの高さに揃えられた数百鉢の嵯峨菊が境内や回廊を彩り、それはそれは麗しい景色です。

11月5日「嵯峨天皇が愛した『大覚寺嵯峨菊』と写経」の講座を担当しました

境内の紅葉が鮮やかなな色彩を放ち出した11月5日、NHK文化センター主催の「嵯峨天皇が愛した『大覚寺嵯峨菊』と写経」の講座が大覚寺で開催されました。

大覚寺の「庭湖館」において、私は40分ほど嵯峨菊のお話や、嵯峨天皇をご始祖と仰ぐ嵯峨御流についてお話しをさせていただきました。
ご参加のお客様から、お写真を送っていただきましたので、掲載させていただきます。
お話の後、皆様は折野僧正のご案内で非公開の正寝殿など寺内を拝観されました。そして、いよいよ五大堂写経道場では、それぞれのお思いに叶うお写経をなさいました。お写経一巻は278文字ですので書くと小一時間は必要(個人差あり)ですが、「ぎゃあていぎゃあてい」からの32文字を書写するぎゃあてい写経、また他にも仏様を写す写仏もお選びいただけます。

「2021年度サガビ学園祭」学生華道展を拝見して

10月23日、24日に開催された嵯峨美術大学学園祭において、華道の授業履修生による「嵯峨御流 学生華道展」が開催された。
いけこみの22日に、ほぼ完成した120名余りの学生による120点余りの作品を拝見して、勢いと履修学年に見合った完成度に圧倒された。
とにかく、会場の一つ一つの作品が胸を張るように凛として、誇らし気で活気に満ち溢れていた。
基本花態であっても創作的な作品であっても、真摯に花に向き合い丁寧にいけあげた喜びに満ち満ちていた。
花に触れて半年の学生も、ほぼ4年間学び続けた学生も、真摯に花に向かう心は、こうしていけばなに現れてくるものなのだと、改めて思うとともに自分が励まされる思いであった。いけばなの型には思想があり、作品にはいけた人の想いがこもる。

晴々とした気持ちで会場を回り、インタビューを受け、丁度会場で出会えた人達で記念写真を撮った。うつっているのは、視察に来て下さった佐々木学長、誇らしげな学生、華道授業指導講師の先生方。写真には残せない、大勢の人達の助け、尽力、支え、お見守り、にも心からの感謝 手を合わさずにはいられない。

この華道展で、学生は何を感じとるのだろうか。花の力と調和が人にもたらす喜び、また植物という命に向き合う事で体得する慈しみの心、日本独自の花の文化、自分の専門分野×いけばな、花で場の空気が変わるという体験、などできる限りの体験を重ねていけばなを身に付けてほしい。必ず自分の専門分野にも役に立つであろうと思うから。

ページトップへ