いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

一日一華。4月29日「昭和の日」。

大覚寺安井堂にて荘厳華を立てる。花をいけている時間は、無心になれる。
境内の牡丹や躑躅の鮮やかな色に、心まで染まる思いがする。

 

一日一華。4月28日。

大覚寺 村雨の廊下にて。
5月6日までは、僧侶の方々のみがお通りになる場所であることから、花の取り合わせは、濃紫と白にしました。

かさねの色目「紫の薄様」に想いをいれて。紫の薄様とは、平安時代の女房装束の袿のかさねの色合いの一種で、上から紫・薄紫・濃い白・薄い白さらに淡い白、と徐々に薄くなるグラデーションを表すという。

 

一日一華。4月27日。

大覚寺明智陣屋にて。
ここはもと明智光秀の陣屋が大覚寺に移築されたもの。コロナウィルスの緊急事態宣言のもと5月6日までは閉門されて、昼でも暗い。
しかしながら、寺内では少数の方々が交代でお寺と総司所を守っておられる。

磨き込まれて黒光りする廊下には、やがて復活の陽の光が眩しくさしこみ、大勢の職員さん、華道の先生や受講生の皆さんで賑わう事でしょう。
それまで、じっと我慢です。

花材 サツキバイ ヒペリクム
花器 嵯峨好「ぽんぽん」

 

「花は生きている」

タイトルは、辻井弘洲の遺語の一節です。

花は生きている
花から話しかけられることもあれば
花と語りあうこともできる
花を生けるとは
花の持つもっとも美しい和合の姿を見出すこと
である

この言葉の中に、いまコロナで花を求めにいくことさえままならない状況にあって、どれほど花が身近にある事がかけがえのない事かを、改めて実感する機会となりました。
花がもたらしてくれるもの、それはあまりにも人の暮らしと密接で、人に活力を与えつづけてくれる大きな力です。
いま、庭や自然に目を向けて、自然を慈しむ心を自分なりに花に託してみましょう。
家の中に命が輝き、活力が湧いてくることと思います。自分に力が宿れば、他者を助けること守ることに想いを馳せる事ができるように思います。

写真は動画の一部です。もしよろしければ、こちらの動画をご覧下さいませ。

花は生きている:春編

 

一日一華。4月26日。

窓辺にいけた小さな花。小さくとも、花があれば、そこからは微笑みに似た波動が発せられているようだ。

波は心に伝わり、活力を奮い立たせる。

 

一日一華。4月25日。

自宅の玄関に、いけました。
カーネーション、ガーベラ、ホワイトスター、サツマスギ。

 

 

贔屓(ひいき)とマムシの対峙

4月22日にいけたムサシアブミを、いけかえました。
大覚寺の一角の坪庭に、昔屋根に飾られていた古い「贔屓」が置かれています(石の横)。贔屓するとは、誰かに肩入れするというような意味ですが、その語源は中国の伝説上の生物で、このように亀の姿をしています。

意味はWikipediaをご覧下さい。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/贔屓

藪から頭をもたげたマムシの頭に見たてたのは、ムサシアブミの花です。

花材 ムサシアブミ サツマスギ

 

一日一華。4月24日。

お寺の「食堂」は「じきどう」と読みます。
大覚寺では、お昼時にはこの食堂で、僧侶の方々、職員さんだけではなく、華道の先生方はじめ専修会や講座受講生の皆様も一緒にお食事をいただきます。

今日は、階段を降りたところのスペースに、花をいけました。食欲増進の「黄」色を主体にして。
コロナの緊急事態宣言のもと、家にいても、つい気落ちしてしまいがちですが、生き生きした花と色の効果は、想像以上に人に活力を与えてくれます。わたくしも、今の時期は、元気の出る花を取り合わせたいけばなをいろいろ考えてみようと思います。

 

一日一華。4月23日。

今日は、よいお天気。

大覚寺の中庭に、見事にシャクナゲが咲いていましたので、そのシャクナゲを借景にしてシャクヤクの生花をいけました。

シャクナゲは石楠花と書き、ツツジ科の植物。もともとヒマラヤなどの高山に生育していたもので、「花の女王」と呼ばれます。
シャクヤクは牡丹と同じボタン科の多年草で、芍薬と表記されます。牡丹は「花王」と呼ばれ芍薬は「花の宰相」と呼ばれています。

シャクナゲとシャクヤク。姸を競う構図になりました。

 

一日一華。4月22日。

大覚寺 孔雀の間に花をお供えしました。
庭に咲いたムサシアブミとヒラドツツジ、それにお花屋さんで買ったシャクヤクを取り合わせています。

ムサシアブミは、サトイモ科テンナンショウ属の植物で、花(仏炎苞)の形が鎧(あぶみ)に似ていることからついた名前です。
地味な花ですが、よく観察するととてもユニークな姿をしていて、見飽きることがありません。仏炎苞というのは、サトイモ科の植物に見られる、肉穂花序(にくすいかじょ・花がさく部分)を包む大きな苞のこと。カラーやアンスリウムもサトイモ科なので、あの色鮮やかな部分が仏炎苞なのです。
そして、白のツツジには、初夏を思わせる爽やかな風のイメージを託しました。

さて、嵯峨御流ではインスタグラムで「#いけばなリレー」を始めました。ハッシュタグいけばなリレーをつけて、皆様もご参加下さい。
コロナで”Stay Home”。でも自然や花に心を向けて、花を生け、活力を取り戻しましょう!

 

ページトップへ