いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

9月27日。 第56回弘友会司所物故者慰霊祭

秋のお彼岸頃に毎年行われる、弘友会司所物故者慰霊祭。先輩諸精霊が祀られている大覚寺宮墓地まで、大覚寺から歩いて15分ほどの嵯峨野の小道は、いつもこの時期彼岸花が盛りです。

初心者対象講座を担当します

総司所での講座が始まりました!
専修会や研究科、各種ゼミナールは勢い付いています。今年から始まった「土日専修会」「日曜専修会」も好評です。

私が今年初めて担当する講座は、10月3日開催の「初心者対象講座〜わかりやすいいけばな〜」、嵯峨御流の入門から奥伝までの方ならどなたでも申し込める講座です。親先生が同伴されてもかまわないので、気軽に参加していただきたいと思います。

嵯峨御流の総司所である大覚寺の中を拝観したあと私のデモンストレーションを見てもらい、食堂での昼食をはさんで午後は実技となります。

初めてお見えになる方に、本所を親しく感じていただけるよう、楽しい1日になりますよう願っています。

9月26日。彼岸花が咲き始めました。きっと講座の日は真っ赤に染まる嵯峨野の田園風景をご覧いただける事でしょう。

ページトップへ