いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在、日本いけばな芸術協会理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

嵯峨御流浪速司所創立50周年いけばな展を拝見しました。

大阪キャッスルホテルで2月20日に開催された記念いけばな展は、会員の皆様の喜びに溢れる笑顔に包まれた和やかで麗しい華展でした。どの作品も、想いを込めて丁寧にいけられた作品からはこちらに感動がてわってまいりました。
中央の、4面ミラーの柱部分を取り巻くように巨木の磨き丸太を据えて、小作品で景色いけ七景を繋いでいけたコーナーでは、ミラーに映り込む効果で魅力も倍に!
1日限りの贅沢な華展で、300名ほどのご来場者を迎えられ盛会であった事、心よりお喜び申し上げます。花会というのは、これほどに大きなよろこびと勇気を、生ける者にも見る者にも与えてもらえるものなのだと、改めていけばなの力と、かけがえのない出会いの場の有難さを噛み締めた事でした。

 

2月14日。高野山大学でゲスト講師をつとめました。

高野山大学河内長野キャンパスにおいて、教育学科「キャリアデザイン」科目のゲスト講師をつとめました。

私の講演概要はつぎのとおりです。
「大覚寺は1200年の歴史があり、もと嵯峨天皇の御所だったところ。その御所で発祥したのが嵯峨御流です。当初はまだ嵯峨御流という名前ではありません。後になって名前が誕生しました。日本の公的な記録の中では、類聚国史という書物の中に、嵯峨天皇がお花をいけられたという記録が残っております。嵯峨御流は、密教的な思想体系をもった華道であります。自然に対する畏敬の思いを抱くことは宗教心そのものであり、人や草木など自然界にあるすべてのものに等しく備わる命を愛しみ、最高に生かそうとするのが嵯峨御流いけばなの精神であり「花即宗教」と表現しています。」
続いて、大覚寺大沢池が1200年前の姿を今もとどめている日本現存最古の庭園池であることや、その大沢池の風景を原点として、山から海までの風景を7つの特色ある水の流れに分け、それらの水が連続して流れることで風景が生まれるという発想が花態となっている、嵯峨御流「景色いけ」について、実演を交えて約1時間お話ししました。嵯峨御流のすべての花態には仏教的宇宙観が現れていますが、景色いけにおいては、命の根源である水の流れの連続性が風景を生み出すという発想で、山から海までの「七景」をつなぐと一つの大景観が表現できるというところが、嵯峨御流の独自性です。景色いけが出来た昭和6年頃の日本の時代背景なども説明しながら「景色いけ・七景の水の取り方」の中から「深山の景」「沼沢の景」をデモンストレーションで紹介し、「いけばな」は生命感の表現であると説明しました。SDGsの目的である「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさも守ろう」に関連して、生活空間の中に自然の風景を見立てていけばなでいけ、自然に目を向けて慈しむ心を養う事から自然環境保全の心を産み育てることができるのではないかと結びました。

デモでは、景色いけ以外に荘厳花と瓶花をいけてご紹介しました。密教の六大思想をあらわした荘厳華は、曼荼羅の宇宙観である六大無碍の思想を、森羅万象を表す「地・水・火・風・空」の5つの役枝と精神性を表す「識」の6つの要素の調和美で表現すると説明し、瓶花では、竹器に梅・菊・蘭で『四君子』の取り合わせの話をしまして、授業は終了しました。

婦人画報3月号 祇王寺

婦人画報3月号は、表紙も特集にも、大覚寺塔頭の祇王寺が掲載されています。四季折々、いつ訪れても、さまざまな美に出会える場所です。歴史を秘めた建物の中も、吉野窓越しに見る竹林の風景も、さらにどの位置からでも眺められる苔の御庭をゆっくりとパノラマで味わうのは至極の時間を感じられます。もしご興味があれば、多様な種類の苔に咲く胞子をルーペを持ってご覧になれば、さらに異次元の世界へとお入りになれる事でしょう。

「右京区民美術展」審査員作品として梅をいけております。

第35回「右京区民美術展」・「右京区内高等学校絵画展」が2月18日から21日まで右京区役所内で開催されています。時間内ならどなたでも自由に拝見できます。
特に各部門の奨励賞に入選された作品には観覧者を惹きつける力があるなと思いました。

この会場に、華を添えているのは嵯峨美術大学で華道を履修している学生によりいけられた3作品のいけばなです。
そして、私は審査員作品席に出品しております。審査員でいらっしゃる陶芸家 鈴木卓司先生の壺に梅を生花にいけております。

場所

サンサ右京(右京区役所)5階 大会議室
右京区太秦下刑部町12

 

時間

2月18日(金)~21日(月) 10:00-17:00

※2月21日(月)は15:00まで

「右京区民美術展」会場に嵯峨美の学生がいけばなで華を添えています。

第35回「右京区民美術展」「右京区内高等学校絵画展」に、嵯峨美術大学生で華道の授業を履修している学生が、いけばなで会場に華を添えています。
2月18日から21日まで開催しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

場所

サンサ右京(右京区役所)5階 大会議室
右京区太秦下刑部町12

 

時間

2月18日(金)~21日(月) 10:00-17:00

※2月21日(月)は15:00まで

嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 卒業・修了制作展を拝見しました

2月5日。
京都市京セラ美術館で開催された、嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学の芸術学部、大学院、短期大学、専攻科の卒業・修了作品を拝見しました。一つ一つの作品に込められた熱い想いや、コロナ禍にあってもめげずに柔軟に創造の扉を開かせる姿勢に感銘を受けました。

「アートで社会貢献」を目指す!
学長のメッセージの中にある、この言葉は、今のコロナ禍にあってひときわ心に響きます。
柔軟な発送、創意と工夫でポジティブに生きることができる、大学は、本年度創立50周年の記念すべき年、社会へ大きな一歩を

 

https://www.kyoto-saga.ac.jp/about/campus/

いけばなから勇気をいただく

関西・関東の6名の華道家が京都の町家ギャラリーでいけばな展を開催されました。主催の先生は、コロナ対策の配慮であえてご案内状は出さなかったとの事。お話を伺い、苦慮なさったことがよくわかりました。
町家ギャラリー「龍」さんは昭和2年頃の建物だそうで、町家特有の通り庭があって、玄関から奥の庭まで細い土間が続いて換気も採光も良い場所ですので気持ちよく拝見させていただきました。
いけばな作品と静かにゆっくり向かいあう時間はかけがえないものに感じ、拝見する側にも花から勇気をいただいた心地です。

1月23日。徳島司所新年互礼会に於いて、デモンストレーション

1月23日、徳島司所新年互礼会がホテルクレメント徳島で開催されました。
まず若松一対の献花、献菓献茶、新師範授与式が行われて新師範の誕生を皆様でお祝い致しました。
私のデモンストレーションには、『しあわせがさね』というテーマを司所が付けてくださいましたので、「嵯峨御流 新花 花がさね」をご覧いただきました。

1800×900の広さのテーブルに、大きな大王松を5つの花器から重ねていき、それにトラフアナナスと石化柳をさらに重ねて「龍虎」を表現しました。龍虎は勢いのよいものの例え、さらに厄除けや縁起の良い取り合わせとも言われていますので、トラフアナナスとオンシジウムで虎を、大王松と石化柳で龍を表しました。
(写真は前日の試作品です。本番デモの写真は撮れませんでしたので、、、)
器は御題「窓」花器です。

万事コロナ対策には大変気を使われておられ、ご心労の程お察し致します。司所長はじめ役員の皆様のご尽力、ご来賓金田義幸僧正様のご臨席、和やかな会員皆様の友好、これら全てが重なり合って麗しく初春を寿ぐ互礼会でございました。

村上巨樹先生がテレビ出演されました。

1月27日 サンテレビ「キャスト」に、いけばな文化綜合研究所長の村上巨樹先生か出演されました。
見逃し配信でご覧になれますので、ご紹介します。

ページトップへ