いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女流選抜作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

4月3日。嵯峨美術大学の入学式に出席致しました。

今年から校名変更され、嵯峨美術大学となり新年度の大幅入学者増になりました。

晴れの式典に、新入生365名と父兄の方で満員の講堂を飾る、お迎えの花は、嵯峨御流華道授業担当の8名のうち、3名の先生方がいけてくださいました。

美しい嵯峨野の風景の中にある、学校法人大覚寺学園 嵯峨美術大学で、嵯峨天皇の平和を願う心と命の大切さを花に託して伝える嵯峨御流を学んで頂きたいと願っています。

新入生の輝かしい未来を応援するように、お迎え花が麗しく語りかけていました。

 4月4日はオリエンテーションです。新入生皆さんが華道を履修して下さる事を願っています。 

IMG_3280_サイズ変更IMG_3337_サイズ変更 
 IMG_3338_サイズ変更 IMG_3339_サイズ変更

 

4月1日。和歌山司所の「五人展」を拝見しました。

和歌山司所の、中本洋甫先生、岡崎玉峰先生、寺前巳千甫先生、明渡陽甫先生、井川佳甫先生の五人展が、和歌山ビッグ愛で開催され、それぞれの先生の、個性を活かしながら、桜や楓など立派な花を見事に使いこなされた、素晴らしい花展を拝見させていただきました。

IMG_3037 IMG_3046 IMG_3042 IMG_3041 IMG_3039 IMG_3044 IMG_3047 IMG_3043 IMG_3040 IMG_3045 IMG_3038

ページトップへ