「いけばなインターナショナル東京支部創立60周年記念 会員によるいけばな展」に出瓶します。

一般社団法人いけばなインターナショナル(通称 I.I.)は、生け花の精神と芸術性に深い感銘を受けた米国人エレン・ゴードン・アレン夫人(Mrs. Ellen Gordon Allen)により、「花を通じての友好」をモットーに、1956年に東京に設立された国際的な文化団体です。国籍も所属流派も多様な会員が、当初20数名で発足した組織が、今日では、全世界50数ヵ国および地域に161支部が設立され、会員数7600名を数えるまでに発展いたしました。日本国内には、札幌、仙台、東京、埼玉、鎌倉、信濃、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、福岡、沖縄の13支部があり、登録会員は2000名に達しています。

会の運営は、会員のボランティア活動を主体とし、国際法律事務所の助言、国際会計事務所の監査を受けて健全に行われています。(以上、I.I.ホームページより引用)

 

名誉総裁は高円宮妃久子殿下でいらっしゃいます。「Ikebana」が世界共通の言葉になってきたことは、I.I.の御功績だと思います。嵯峨御流も、創立時より関わらせて頂いております。

 

今回60周年を迎えられる東京支部は、TFC(Tokyo Founding Chapter)と称し、各国大使夫人や名誉会員を含む700名をこえる会員が、活動しておられます。

創立60周年記念華展は東京都内の青山ダイヤモンドホールB1Fにおいて、3月16日(水)11時~19時30分までの間、1日だけ開催されます。11時にオープニングセレモニー、終日バザー「White   Elephant  Sale」があるそうです。私も、この度出瓶致します。入場無料催しですので、お近くへお越しの際にはお立寄り下さいませ。

サイズ変更image1

ページトップへ