2月16日 遊花一日 冬期大学「季を楽しむ」

今回は西村強甫学院長による、寄筒の講義とデモンストレーションでした。
西村先生が、ご自分の竹器を持ち出して下さり、素晴らしい寄筒と五重切りの作品を拝見させていただきました。廊下には、いま盛りの梅を用いたステキな心粧華想い花が、一階にも二階にも配され、受講生の皆様を温かく迎える気持ちが溢れています。
参加者は皆、深くて楽しい生花の世界に浸らせて頂いたのではないでしょうか。

「遊花一日」の企画は、担当される講師の世界観を堪能できる、特別な機会なのです。

 

https://www.sagagoryu.gr.jp/post_id_14375/

 

ページトップへ