華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

3月17日。嵯峨御流華道松山司所創立70周年記念華展を拝見しました。

松山市立子規記念博物館(松山市道後公園)において、3月16日・17日の両日開催された華展のテーマは、正岡子規の句「春や昔十五万石の城下かな」がテーマでした。

会場は、ゆったりとしたしつらえで、各スペースに存在感ある花器が据えられていて見応えがありました。

また、正岡子規の句に合わせたいけばな作品もあり、松山司所ならではの個性的ないけばな展を拝見できました。

この華展で使われた花器は、ほとんどが松山司所第2代司所長で今年2月3日にご逝去された故渡辺次洲先生のご遺愛のお品ですと、現第五代司所長 阪上満甫先生から伺いました。迫力ある逸品の数々、珍しい竹器など、素晴らしいお道具がこうした機会を得て使われてこそ一層光を放ち続けるのだと感じました。
こうしたお道具の力、会員の和の力、また正岡子規博物館という地元の文化を生かしいけばなでさらに光をあてるテーマを選ばれた事、素晴らしい華展で、いけばなには人の心をつなぐ力があると改めて感じました。

 

華道祭2019 テーマは「To the Next」

嵯峨御流華道祭2019

テーマは<To the Next>
4月12日(金)〜14日(日)
10時〜16時

会場は大覚寺および華道芸術学院にて開催致します。
ぜひお立ち寄りくださいませ!

 

今年の華道祭では、新企画として、毎日11時から14時までの、毎時00分から約15分〜20分程度のデモンストレーションが、大覚寺内 鳳凰の間で行われます。
また、いけばな体験も毎日開催しています。

https://www.sagagoryu.gr.jp/page_id_13916/?preview=true&preview_id=13916

3月10日。横浜 旧伊藤博文金沢別邸で粕谷尚弘いけばな展を拝見しました。

3月10日。粕谷尚弘先生のいけばなを、横浜の野島公園・旧伊藤博文金沢別邸で拝見。最終日しかも閉場間際の駆け込みで会場に到着しました。

温かく迎えてくださった尚弘先生と、しばし歓談し、お薄をよばれて、名残惜しい程に生気を放つ作品わ拝見しました。尚弘先生の花は、見る人を温かく包み込み、勇気をもたらしてくださいます。

 

1月31日にご逝去された先代粕谷明弘先生のオマージュ。床の間に、青竹と古木を、花留めなど一切用いずバランスだけで留めておられる作品の前で、心で手を合わせる。。。

3月12日〜21日まで、京都御所に嵯峨御流が挿花展示しております。

3月10日、京都御所 へ、いけこみに上がりました。12日から21日まで「御即位30年記念京都御所特別公開」が催され、内裏の紫宸殿南側回廊に、皇室に所縁のある寺院に伝わる三流 泉涌寺(月輪未生流)、仁和寺(御室流)、大覚寺(嵯峨御流)による挿花展示のためです。

生け込み および 毎日の手入れには、嵯峨御流華道飛鳥司所と奈良司所の11名の先生方にお力添え頂きます。

嵯峨御流の作品は、五葉松、白樺(しらかば)、唐桃(からもも)、石楠花(しゃくなげ)、百合です。

白樺は、皇后美智子殿下のお印で、天皇陛下と出会われた軽井沢にちなんでお選びになられたとの事です。

白い唐桃と、赤い石楠花の紅白、また金色の輪つなぎのスタンドに銀色の器で金銀。平成の御代を寿ぐ彩としました。


この10日間は、どなたでもお申込み等の手続きは一切なしで御所の内裏の中を見学でき、御即位に関連した展示等があわせておこなわれるそうです。以下、宮内庁のHPより、
http://www.kunaicho.go.jp/info/kyotogosho-30years.html
1 期間
平成31年3月12日(火)から3月21日(木・祝)までの10日間
2 入門時間
午前9時(開門)から午後3時50分(閉門)まで 。参観者は,宜秋門ぎしゅうもんから参入し,清所門せいしょもんから退出することになります。 (清所門の最終退出時刻は,午後4時30分です。)

大覚寺 伝灯学院

大覚寺の中には、真言宗大覚寺派の僧侶になられる方が1年間の修行を積まれる嵯峨伝灯学院があります。
厳しい戒律の生活、毎日の御修行、沢山のお勉強の中に、華道の科目もあり、17回の授業を終えられた4名の学院生の方によるいけばな作品が、大覚寺大玄関前の供待という場所に飾られました。

3月25日に、晴れてご卒業を迎えられる皆様の、丁寧に丁寧にいけられた花を拝見して、清々しい気持ちでございます。

Facebookより

Facebookで、飛鳥司所の石川利佳甫先生が、御題花器に枝垂桜をいけてくださっている作品を拝見しましたので、ご紹介致します。
お雛祭りの花。

こちらは、社中展で、御題「光」花器をさまざまな角度に用いて「七曲」をいけてくださっています。

嵯峨御流 華道岐阜司所 創立60周年記念華展

3月3日。嵯峨御流 華道岐阜司所 創立60周年記念 いけばな研究会華展が開催されました。

私は公務があり伺えませんでしたが、Facebookに会員の方がアップされていた作品写真を、お願いしてお借りし、ご紹介致します。

 

麗しい作品、また力強い伝承華などの力作のお写真を拝見して、会員皆様の、日頃の熱心な研究姿勢と和気藹々とした雰囲気が伝わってまいります。

嬉しいことに、平成28年御題「人」花器、平成30年御題「語」花器、平成31年度御題「光」花器を、それぞれ沢山持ち寄って、連作や創作的に使ってくださっていることです。
御題花器は、お使いになる方の創意とちょっとした工夫で、様々に使っていただけることを願って制作しましたものですので。

 

3月3日。嵯峨御流和歌山地区専修会へ。

阪南和歌山地区に所在する8司所(南海和泉、泉佐野、岸和田、堺、和泉、大和、紀和、和歌山の各司所)により運営されている「嵯峨御流和歌山地区専修会」平成30年度閉講式に出席致しました。

研究科で2年間学ばれた方には、「本所副講師」資格が授与されました。

専修会・研究科で学ばれた方々が、地元の司所で大いにご活躍、またご指導に携わってくださいますことを願っております。
嵯峨御流は日本全国107および世界にも支部があり、それら一つ一つの司所が地域に根ざした活動を通じていけばな文化を通じてさまざまに活動をしています。

3月1日。華道総司所で開催される講座を見学。

3月1日。華道総司所において、土曜生花講座(中級クラス)が開催され、朝礼のご挨拶をさせていただきました。
この日の課目は「遠山霞花」ご担当は服部孝月先生、助講師は岡崎玉峰先生です。

受講対象者の幅が広いので、服部先生は講義でパワーポイントをお使いになり、大変わかりやすく授業をしてくださいました。すでに指導されておられる方も中にはいらっしゃいましたが、プロジェクターで大写しにしながらのこのような方法は、指導する上でも大変勉強になったことと思います。

 

華道総司所の行事は、当然大覚寺で開催されるものがほとんどです。
全国から集まって来られる受講生にとって、授業の前後や休憩時間に、美しい境内を巡り、嵯峨の空気を体感されることは、格別の感があると思います。
本日の境内の風景をご覧下さいませ。
古式を伝える、宸殿前庭の「左近の梅」の紅梅は、蕾がいっぱいに膨らんでいます。

2月27日・28日。大阪府花道家協会の研修旅行で和歌山へ。

2月27・28日の両日、34名の先生方とご一緒に、熊野本宮大社に詣で、南部梅林、熊野水軍の基地であった三段壁洞窟、千畳敷、などを見学。

宿泊は、開湯1800年の「湯の峰温泉」。”紀伊山地の霊場と参詣道”の構成資の構成資産の一部として、温泉としては世界で唯一の世界遺産にも登録されているところです。

旅をすると、同じものをみて感動したり思いがけない事を共有し、ぐっと親近感が増してきます。特に華道家の方々と一緒にいると、やはり興味は植物。知らない同士でも花や木を見つけると、つい隣の人に話しかけてしまいます。
驚きや感動、喜びを共にしながら人はつながっていくのだなと感じた、貴重なひと時でもありました。

ページトップへ