華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

2019うめだ阪急迎春花を100名の力でいけました!!!①

大阪うめだ阪急百貨店コンコースウィンドウに、2019迎春花を約100名のかたがたのご協力でいけております。期間は、12月27日から1月14日まで。

 

2019_Hankyu_Finish_0351面のウィンドウの大きさは、最大巾7m、高さ4m、奥行きは1m20cmほどで、そのウィンドウは7面すべてを、12月26日の閉店後21時半ころから27日の朝5時までにいけ終えました。

大阪の9司所(茨木司所・大阪司所・大阪遠州司所・弘友会司所・甲陽司所・親和司所・浪速司所・三島司所・北攝司所)の約75名の華道家と、はな古伝、大阪園芸社、宮田工務店、大覚寺及び華道総司所職員の皆様のご協力に感謝申し上げます。
そして、うめだ阪急の装飾部の方、また吉忠マネキンの皆々様に大変助けていただきました。
また20日間、毎朝15~20名の皆様が交替でメンテナンスをして下さっています。
こうしたすべてのお力と、作品と植物に対する愛情が、結集した成果ゆえに、一つ一つの作品や木々も花も喜びにあふれているように見えます。
どうか、お近くへお立ち寄りの際には、ぜひご覧くださいませ。

 

写真撮影は、写真家の阿部朋也様。

 

 

 

 

 

10月23日に平成31年御題花発表会を開催しました。

嵯峨御流では毎年、天皇陛下がお催しになる歌会「歌会始」の御題にちなんだ「御題花」と「御題花器」を華務長が創作しております。

10月23日に、来年の御題「光」の花器と御題花を発表しました。

光という漢字は、火の下に人と書き、古代の人々にとって神聖な火を守り神に仕える人すなわち聖職者を意味する言葉で、後に火の光そのものを光といい、光を放って美しく見えることから輝くという意味。さらにひいてはその明かりによって照らされ輝くものも意味するようになり、今も<希望の光>や<光明>などというように、使われています。

 

御題花として、光の文字を表現する作品を発表させていただきました。また、それ以外に、一年を通じて様々なつかいかたをしていただけるようにとデモンストレーションでは5作品をご紹介しました。

新年を嵯峨御流の御題花で言祝いで頂き、また皆様の創意工夫でご家庭に華やぎと新鮮な息吹を吹き込んでいただけましたら、大変嬉しく存じます。

10月27日。嵯峨美術大学 学生華道展を拝見しました。

大覚寺学園 嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学で、嵯峨御流の授業を履修している一回生から4回生及び専攻科までの学生120名余りの合同華展が、2018学友祭において開催されました。

大覚寺学園 嵯峨美術大学/嵯峨美術短期大学には、華道が選択科目の中にあり、1年で2単位、4年で8単位が取得できます。四年制及び短大・短大専攻科の学生合わせて、6クラス、120名以上の学生が履修しており、華道の授業の一環として、学園祭で華道展を開催しています。


今年の学生華道展を拝見して、学年ごとの進歩を頼もしく思うと同時に、一人一人の一生懸命さがひしひしと伝わってきて、感動しました。

 

 

ご指導下さった嵯峨御流講師9名の先生方には、準備や段取りなど、大変ご苦労さまでした。
華展当日は、学生も交代で受付当番をし、お客様をお迎えしていました。2日間で来場者は1000名を超えたそうです。来場者から頂いた感想文を、今後の励みにしてもらいたいと思います。

講師の先生方に支えて頂きながら、立派な華展をやり遂げられた自信を糧に、大学生活の中で、日本の伝統文化嵯峨御流のいけばなを身に付けられた方々が、これからの未来を担って行かれる事を楽しみにしております。

 

https://www.sagagoryu.gr.jp/post_id_13353/

11月2日。京都新世代いけばな展2018展を拝見しました。

京都大丸のミュージアムで開催された今回の新世代展、テーマは和菓子といけばなのコラボでした。

嵯峨御流からは前期に2名が出品されましたので、私のスナップ写真でご紹介します。

前期は3日まで。
後期は4日から6日です。

 

 

こちらは後期出品の2作品です。

11月2日 午後7時30分から、テレビNHK総合「かんさい熱視線」の番組に、大覚寺が放送されます。

11月2日(金)。テレビNHK総合「かんさい熱視線」の番組に、大覚寺が放送されます。

タイトルは「よみがえる祈り~京都・大覚寺 般若心経 復元~」です、ぜひご覧くださいませ。
放映は関西地域のみです。
http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2018-11-02/21/42471/8207961/

11月2日金曜 午後7時30分
11月3日再放送 土曜 午前10時55分

 

また、11月8日(木)にはテレビNHK総合の「ごごナマ」の番組に、同じく大覚寺が放送されます。

タイトルは「京都・大覚寺”般若心経”復元プロジェクト」です。

こちらは全国放送となっておりますので、ぜひご覧くださいませ。

http://www4.nhk.or.jp/gogonama/x/2018-11-08/21/26966/2710659/

11月8日木曜 午後3時08分

 

 

10月28日。伊勢神宮献花式。

10月28日。秋晴れの佳き日に、秋恒例の、嵯峨御流献花式が開催されました。

 

献花者は、中部地区7司所のうち、敷寿会司所と岐阜各務原司所がご出仕されました。
献花式でいけられた一対の若松は神楽殿に献じられ、その場でお神楽を受けた後、献花者参列者全員で内宮御正宮の垣根の内側「内玉垣」まで進ませていただき、白石が敷き詰められた清々しい場所で天照大御神への感謝の祈りを捧げました。


陽光に輝く御正宮の美しさ、数百年の時を刻む檜の大木の姿、神宮の森は厳かな霊気に満ち満ちており、自然の恵み豊かな日本の風土に感謝の気持ちが自ずと湧いてきました。
温帯で雨の多い湿潤な気候が豊かな植生を育み、多様な生物の生息を可能にしていることは、日本の気候・風土の最大の特徴です。

伊勢神宮の美しい檜皮葺にも使われる檜の木は、日本にのみ自生する固有種なのですね。

 

 

 

10月30日まで、「兵庫県いけばな協会創立65周年記念『兵庫県いけばな展』」に招待出品させていただいております。

10月30日まで、「兵庫県いけばな協会創立65周年記念『兵庫県いけばな展』」に招待出品させていただいております。

会場は大丸神戸店内、大丸ミュージアム。30日は17時閉場です。

私の作品は、65周年をお祝いする心で、白樺と紅白のウメモドキ、木苺、菊です。

 

前後期に分かれて出品された会員作品の中から、嵯峨御流の作品をご紹介します。

 

華道祭

 

全国地区連絡協議会花席

10月13日。華道祭2日目。アサギマダラに遭遇

大覚寺は、華道祭でにぎわっています。

境内の、中売店の縁側で育てられているフジバカマにとまっているアサギマダラに遭遇しました。
ふわふわと飛ぶ姿が優雅です。キク科の植物が好きなようです。

華道祭は明日まで開催致します。

10月12日から14日。嵯峨御流「華道祭」

嵯峨御流華道祭が10月12日から14日まで、大覚寺にて開催されます。
この華展は、御始祖嵯峨天皇様への奉献花の心で、日本全国108司所と海外支部が一堂に会して挿花いたします。
今年は初めての秋の開催となり、春とは趣の違う花材でご覧頂けます。

会場:京都 嵯峨 大覚寺・華道芸術学院
日時:4月12日から14日。
   10時〜16時(最終日は15時まで)

詳細は、こちらをご覧下さいませ。
https://www.sagagoryu.gr.jp/page_id_11664/

 

ページトップへ