いけばな嵯峨御流

華務長の部屋

いけばな嵯峨御流 華務長
華道家

辻井ミカ

Profile

辻󠄀井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在、日本いけばな芸術協会常任理事、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

令和6年御題花「和」と、御題花器を発表させていただきました。9月26日発表会に於いて。

嵯峨御流では、毎年、新年御歌会始めの御題に因んだ花器といけばな作品を華務長が創作発表し、全国の門人の方々に広くこの花器でいけていただき、新年をを寿ぐ花としております。
今回は、「和」の心が広がる願いを、同心円状に輪が広がる形で表した御題花器を制作しました。花には、「以和為貴(和を以て貴しとなす)」の想いを込めて、大王松に歳神様をお迎えする松(待つ)を、シンビジ ウムで正月の晴れやかさを、南天に吉祥の意を託し、赤色の珊瑚水木を勢いよく立ち上げた作品を発表しました。

大覚寺 観月の夕べ

9月29日、大覚寺 大沢池で仲秋名月を拝む。
満月法要のお読経の響が心に染み入る。

第56回日本いけばな芸術展

第56回日本いけばな芸術展 日本橋高島屋
10月2日まで。
 1次展9月27日・28日
 2次展9月29日・30日
 3次展10月1日・2日
嵯峨御流から1次4名、2次7名、3次4名の先生方が出品されています。ぜひご覧下さい。

開催時間にご注意ください。
9月30日入場は15:30まで。16:00閉場。
10月2日入場は16:30まで。17:00閉場。

仲秋名月の日が近づきました。

秋めいてまいりました。
境内の大沢池の水面は鏡のようです。
仲秋の月がこの水面に映るのを見る大覚寺観月祭は9月29日から10月1日まで、楽しみです!龍頭鷁首舟が行き交い月影を揺らす雅で幻想的な風景は平安の昔さながら。旧嵯峨御所のお庭であり、平安の昔から姿が変わっていない現存最古の庭園池の北側さらに奥には名勝 名古曽の滝跡があり、夕刻にそぞろ池畔をあるくのもまた一興ですね。

9月24日。豊中市茶華道連盟いけばな展 を拝見しました。

豊中市立文化芸術センターで開催された第77回豊中市茶華道連盟いけばな展に伺いました。
会長 村司辰朗先生に会場とお茶席にご案内いただき、所属13流派の、秋ならではの選び抜かれた花材やそれぞれの御流儀の作品を拝見、心豊かな気持ちになります。
 
嵯峨御流18名出瓶作品は、嵯峨ならではの花態や創作作品など、わたくしのスナップ写真でご紹介いたします。

ジェスモナイト掛花器の作例

9月9日「ものづくり講座」の記事はこちらをご覧ください。
 
この日、華道芸術学院の教室ホワイトボードを壁に見立てて、いろいろなフックに掛花器を懸けた作例や、卓上に置いた作例などが飾られていました。華道企画推進室の先生方によりいけられた花とのコラボをご紹介します(写真は楠林先生撮影)。

9月10日姫路へ。「兵庫県いけばな展 姫路市会場」を拝見に。

「アクリエひめじ」で開催された「兵庫県いけばな展」を拝見しました。実行委員長を村上巨樹先生がつとめられています。この華展には兵庫県内のすべてのいけばな協会が参加されているようでした。
今年は兵庫県いけばな協会創立70周年記念ということで、特別な行事となっているようです。
出品作品の中から、嵯峨御流の作品14作をわたくしの撮ったスナップ写真でご紹介させていただきます。

 

 

9月9日。嵯峨御流華道総司所企画講座「ものづくり講座」で、掛け花器を制作

嵯峨御流では、華道総司所企画としてジェスモナイトを用いた花器の制作を嵯峨美大芸術学部デザイン学科教授 楠林 拓(くすばやし ひらく)先生にご指導いただいています。シリーズ3回目は掛花器をご指導いただきました。
2年前の第一回目に制作ご指導いただいた器は今もわたくしのキッチンに飾っていて、少しも色褪せずしっかりしたまま。
今回は掛ける仕掛けを楠林先生が考えてくださり、誰でも、そして割とどんなフックにもしっかり掛けられて安全な器具をご検討の上ご用意下さいました。
いつも大変ご丁寧なご指導と、この上なく緻密に考えられた制作ツールのご準備と、3Dプリンターで先生デザインの型紙をご用意いただきましたおかげで、一日の制作で全員が完成して持ち帰れて、自宅で早速使うことができました。
花器の色は自由に選べる中で、わたくしは楠林先生が考案されたオリジナルの、ある物をジェスモナイトに混ぜた塗料で制作しました。
この色は、今はグレーに見えますが時間の経過にしたがい色が変化していくのが興味深いところです。
 
早速家に持ち帰って、トルコ桔梗、いちご草を、いけてみました。

大阪駅で「ミャクミャク」をデザインしたマンホールのふたを発見しました。

大阪駅で、2025年大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」をデザインしたマンホールのふたを発見しました。
「清い水」を表す青色の部分と「細胞」を表す赤い部分が一体となったキャラクター「ミャクミャク」はかなりのインパクト!です。
大阪・関西万博は、2025年4月13日から10月18日ですね。

ページトップへ