華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、いけばな女性作家展運営委員、大阪府花道家協会常任理事を務められる。

華務長からのお知らせ

御室流 華展

katen

 

爽やかなお天気の中、総本山仁和寺において開催された御室流いけばな展に、黒田知正部長様とご一緒に伺いました。立部祐道管長猊下にご挨拶申し上げ、先日当流華務長祝賀会にお運びくださいました瀬川大秀宗務総長様にも御礼申し上げることができました。

 

mimuro_01

華展は、お手入れの行き届いた美しい境内に、すばらしい作品が一層映えて美しい絵巻のようでした。

日本いけばな芸術 北関東展

kamucho_img_02

 

公益財団法人 日本いけばな芸術協会主催の「日本いけばな芸術 北関東展」を拝見してきました。

宇都宮市の東武宇都宮百貨店5階で開催されました。嵯峨御流の作品は出瓶されていませんでしたので少し残念でしたが、地元の窯元の作品にコラボレーションで花をいけられていたのが大変好感で、地域の活性化にいけばなが貢献できる、素晴らしい取り組みだと思いました。

 

写真は、理事長 粕谷明弘先生の作品です。

 

 

2014ファッションカンタータ

img_poster
5月17日、ファッションカンタータが旧嵯峨御所大覚寺で開催されました。

ゲストモデル は杏さん、すみれさん、など豪華キャスト。

 

 

 fashion_01

 

大覚寺石舞台の正面左右に、一対の嵯峨御流の花がいけられました。石楠花と漂白ビンロウジュの葉、花器は銅器。この一対の花の他にも、大壺に桜・楓の作品が宸殿紅梅の脇にいけられ、お客様をお迎えしました。

また、レセプション会場の各テーブルにいけた『りんりん』の作品は、イベント業者の方にとても好評で、「これは優れた花器ですね」とお褒めの言葉をいただきました。

5月の花 月刊「嵯峨」5月号

2014_05

 

爽やかな風を誘う芭蕉の葉を主材として、五月晴れのブルーのデルフィニウムを取り合わせてみました。

 

門跡様が選ばれたお言葉「布施」について思うこと。

いじめに遭って以来、人をおびえ心に病をもった小学生の子供を、両親が思いきって子供一人でお遍路に行かせたところ、数か月後に戻ってきたときには、真っ黒に日焼けしてはきはきと物を言い、元気な子供になって帰ってきたそうです。

お遍路の人から差し出された「無財の布施」を受け続けて旅をする間に、子供は、おびえなくてもよい大人がこの世の中にはいるのだ、という安心感を得ることができたという事です。

 

四国の人々は、お遍路に「無財の布施」をなさるそうです。優しい言葉をかけ、笑顔で接し、食と宿を施すことが、強制的でなく、請われてしているのでもなく、ひたすらお遍路に差し出されつづける無償の愛情。

私自身がこの「布施」から学ぶことは、日常生活において、お金がなくても、物がなくても周りの人々に少しでも喜んでいただける方法がある、ことに気付くことです。ちょっとした心遣いや、挨拶と笑顔をこちらから発することから和は生まれ、自分の心が幸せになるのですね。

 

ところで、いけばなでは水揚げはとても大切なことです。しかも、テキスト通りにすれば必ず成功するというわけではありません。

大先輩の他流の御家元は水揚げの名人、水揚げをしたら、水があがって行く様子をじーーっと愛情込めて見つめてやることがとても大事なのだと教えてくださいました。命はつながって存在している・この想いを不思議に実感する言葉でした。

いけばなインターナショナル神戸支部

kamucho_img

 

平成26年5月9日、いけばなインターナショナル神戸支部でデモンストレーションをさせていただきました。

神戸支部の皆様とは、父の代から長いご縁を頂いています。さわやかな五月晴れのこの日、大勢の会員の方や、嵯峨御流の友人がご参加くださいました。

 

1時間半のデモンストレーションでいけた作品と主な花材は、次の通りです。

花衣桁・・・五葉松 芍薬 枝垂楓 鉄線 熊谷草

漆塗馬盥・・芭蕉 むさしあぶみ

沼沢の景・・縞蒲 太藺 カキツバタ ほか

轡 亀 碇 七宝 などの花留に・・・斑入り八角蓮 雪持草 えびね蘭 真菖蒲

春駒をモチーフにした馬のオブジェに・・・板屋楓 花菖蒲 紫陽花 ほか  

 

ウェブアルバムに写真をアップしていますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。

https://picasaweb.google.com/mika930/201459II?authuser=0&authkey=Gv1sRgCMGgiOrq14i8uwE&feat=directlink

岡田脩克副総裁「龍雲会」華展

5月5日 嵯峨御流 岡田脩克副総裁の「龍雲会」の華展を拝見させていただきました。

テーマは「傳花の薫り」 そのテーマ通り、嵯峨御流の伝承花が、凛々しく格式高くいけあげられ、素晴らしい華展でした。

時代を経て受け継がれてきた伝承花の魅力を、今後も岡田脩克先生・芳和先生、龍雲 会の先生方からさらに発信してくださることを願っています。

ページトップへ