華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

5月2日、東京・渋谷ヒカリエで開催された、龍生派創立130周年華展を拝見しました。

 

華展は、古典花から現代花、さらに未来を見据えた様々な植物の表現に加えて、会場の一部ではメディアアートとのコラボレーションによる、場と人と植物の関わりが作品となっている作品もあり、非常に刺激的な華展でした。

会場で四代目吉村華洲家元にお会いし、ご挨拶させていただきました。今回は、トータルプロデュースを家元がされ、家元名での作品は特に出しておりませんとの事でした。

私が会場で撮ったスナップ写真の、一部をご紹介させていただきます。

サイズ変更image2 サイズ変更IMG_1190 
 サイズ変更IMG_1198 サイズ変更image2 (2)
 サイズ変更image1_2 サイズ変更image1

新型花留「嵯峨八葉蓮」が発表されました

嵯峨御流では、平成30年の、「勅封般若心経1200年戊戌開封法会」、「いけばな嵯峨御流創流1200年」に向けて、オリジナル新型花留「嵯峨八葉蓮」が開発されました。

この花留は白磁で、その形は嵯峨御流の紋章である、嵯峨八葉紋です。

いまの世の中は、忙しくて、ゆとりのない時代ですが、ご自分の為に一輪の花をいけるほんの数分、嵯峨八葉蓮に皆様の願いや思いを花に託していけて頂く事で、人が本来持っている慈しみの心が広がっていく事と思います。

花は、一輪でも、またお生花でも、自由に楽しんでお使い頂けます。その白蓮にいけられた皆様の花は、蓮に座られた仏様のお姿のように、きっと神々しい姿に感じられる事でしょう。

※「新型花留『嵯峨八葉蓮』講習会」

今年1年間を通じて、全国109司所で新型花留講習会を開催致します。日程等につきましては、各司所へお問い合わせ下さい。講習会では、様々な花留の文化史について、テキスト付の講習と、実技指導が行われます。

サイズ変更IMG_1172 サイズ変更_5D_6957 
 サイズ変更IMG_1174 

4月30日、嵯峨御流 華道橋立司所創立75周年記念華展を拝見しました。

4月29日(金)~30日(土)、日本三景「天の橋立」を借景に、みやづ歴史の館に於いて開催されました。テーマ「春は花 陽光の中で」。

会場は、格調高い華席に始まり、力強いお生花、宝器七種、景色いけ七景三勝、御題「人」花器を用いた連作など魅力的な作品にあふれ、また館内をめぐる路に沿って、酒呑童子のお話しにテーマを得た作品なども拝見できました。

若狭湾に面した宮津は、北前船の活気で豊かな文化が栄えたところ、と伺いました。

また、「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立」と百人一首に詠まれた景観を目の当たりにして、感動致しました。

JR宮津駅にも嵯峨御流の花が常設されており、地域と密接に関わっておられる事が素晴らしいと思いました。今後ますますのご発展をお祈りいたします。

IMG_1114

向かって右端:嶋谷美甫司所長 向かって左端は、この花器を作られた陶芸家

 
IMG_1116 
 
IMG_1121

御題「人」花器を用いた連作

 IMG_1118
 IMG_1125 IMG_1132
 IMG_1142 IMG_1149
 IMG_1146 IMG_1147
 IMG_1148 サイズ変更image1

この度の熊本地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

この度の熊本地震で被害を受けられました方々に、心からお見舞いを申し上げます。

今なお激しい余震が続いており、危険な状態が続いていること、また避難を余儀なくされておられる方々の御心労を思い、この事は、片時も心から離れることはありません。

被災された皆様に心を寄せ続け、とにかくまずは地震の収まることを願い、皆様の御無事をお祈りいたします。

そして、お力になれることを全力で考え実行してまいりたいと思います。

華道芸術学院の一階廊下に、義援金箱が設置されています。専修会などで学院へ来られた際には、皆様のご協力をお願いします

サイズ変更image1

5月になると嵯峨一帯は、瑞々しい新緑に包まれ最高に美しい風景となります。

5月22日(日) 10:00に行われる、嵯峨祭(神輿巡行)をご紹介します。450年以上の歴史あるお祭りで、祭神は、愛宕神社の愛宕神と野宮神社の野々宮神の二神、そのため、お神輿も2基あります。江戸時代までは、この祭は神社の氏子が直接主催するのではなく、大覚寺を中心としたお寺が主催していたそうで、2基のお神輿は昔大覚寺が寄進されたのだそうです。今は嵯峨祭奉賛会が嵯峨学区二十九町内会で組織され運営されています。

2基のお神輿は、御旅所を出て、町内を練り歩きながら大覚寺へ11時すぎ頃到着。勅使門で両神社の神官様の祝詞と、大覚寺の僧侶方のお経という神仏習合の形式でお祓いの行事が行われます。お祓いの様子は遠巻きに見学できますが、大覚寺の境内、心経前殿から白砂の庭越しに勅使門での神事と仏事をご覧になるのもよろしいですよ。13時まで宸殿前の白砂なところに立てられますから(つまりお昼休みです)。 豪華な剣鉾を間近で鑑賞できます。

お祭りのみどころの一つは、お神輿の前を穢れ払いしながら歩く五基の大きな剣鉾の、それぞれ脇に付いている「りん」を嵯峨流と言われる独特な体のひねりで動かし鳴らしながら歩くのをみることです。お神輿を追って、嵐山や小倉山など、どの風景も借景のように絵になるお祭りです。

サイズ変更image1 image1-1 
 image2 image3

大田神社境内、大田の沢。4月25日のカキツバタ

4月25日 友人から、大田の沢のカキツバタが咲いています!とメールを送って頂きました。その愛おしい姿をご紹介致します。

 古代から姿を変えず残っている大田の沢が、一面紫に彩られる日が近づいてきました。

5月15日の「葵祭」まで、あと半月。きっとその日頃には眩しいばかりに咲きそろう事でしょう。

2016/04/26 10:38

2016/04/26 10:38

 
2016/04/25 16:43

2016/04/25 16:43

 

京都嵯峨芸術大学、華道授業履修生のいけばな

JR嵯峨嵐山駅、京都市右京区役所1階コンシェルジュカウンター、右京区中央図書館、これら三箇所に、京都嵯峨芸術大学生のいけばな作品が展示されます。

全校生 約800名のうち、現在約2割の学生が仮登録し、6クラスに分かれてすでに授業を開始しています。

ところで、華道の授業体系は、前期後期約15回ずつの授業を4年通じて段階的に受講するようになっており、2年間で<華道1~華道4>4単位を受講して希望者には「師範」の免状が取得でき、4年間で<華道1~華道8>8単位を受講して希望者には「正教授」が取得できるのです。

授業が始まると、実技で生けた花を各クラスから1人ずつ交代で、冒頭の三箇所に挿花展示して、市民の皆様の憩いとなるよう一生懸命にいけています。今日、4月23日、JR嵯峨嵐山駅に挿花されていた、華道3のクラスの山下 翠さんの作品を掲載させていただきます。

学生の皆さん、頑張ってくださいね!

サイズ変更image1

吹田市いけばな協会50周年記念花展を拝見しました

4月16日(土)、吹田市文化会館(メイシアター)において開催された記念花展を拝見しました。所属10流派の中で、嵯峨御流からは5名の先生方が会員として出瓶されていました。

会場でお会いできた先生方と、記念写真を撮りましたので、力作の作品写真とともにご紹介いたします。

サイズ変更IMG_0773-2

吹田市いけばな協会会長 専心池坊 石井桓裕先生

 
サイズ変更IMG_0774

小谷剛甫先生の作品

 
 
サイズ変更IMG_0776

藤岡ひろ甫先生の作品

 
サイズ変更IMG_0777

向かって左:横田信甫先生 向かって右:奥田敏甫先生作品

 
サイズ変更IMG_0779

小寺留甫先生の作品

 サイズ変更IMG_0789
 サイズ変更IMG_0833 

4月15日、甲州流いけばな展を拝見しました

4月14日から17日まで、奈良県大和郡山市の、やまと郡山城ホールで開催されている華展を拝見し、昨年1月に第五世野村聴松庵を継承されたお家元に、ご挨拶させていただきました。
会場は、第一会場から第三会場まで、沢山のご出瓶でご盛会でした。

サイズ変更IMG_0765

向かって右は、野村聴松庵家元と令夫人。向かって左端は、御重役の丸毛先生。

 
サイズ変更IMG_0766 
 サイズ変更IMG_0771 サイズ変更IMG_0770

カキツバタ。4月10日の大田の沢

友人から、4月10日の大田神社様のカキツバタの写真を送って頂きました。皆様も、ちょうど初花が咲く季節のカキツバタのいけ方を、お稽古していらっしゃるのではないでしょうか。

いけばなでは、カキツバタの咲き方をつぶさに観察して、季節によりいけ分ける手法が伝承されていて、葉に見え隠れしながら咲く風情の初花のいけ方から、四番花が咲く頃までをいけ分けるのです。それはカキツバタを通して季節を表現する事だと思っています。

季節が微妙に移り変わるその風情を、花に託するには、観察が、とても大事。

この、天然記念物である大田の沢の今日の姿をお稽古のかたにも、見せてあげたいと思います。

 

大田神社様のホームページから引用させていただきます。

上賀茂神社境外摂社「大田神社」のかきつばたは、(見頃五月上旬から中旬)平安時代より美しい色を見せており、国の天然記念物に指定されています。平安時代に詠まれた和歌に次のものがあります。

神山(こうやま)や  大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色にみゆらむ     藤原俊成

 

(中略)

かきつばた拝観時間は9時頃~15時頃迄です(目安)。

大田神社へは上賀茂神社から公道を東へ徒歩約10分です。(東へ行って最初の信号のある交差点が大田神社前交差点です。)

サイズ変更IMG_7917

昨年5月2日に、大田神社様で、わたくしが献花させていただいたカキツバタです。

 
2016/04/12 19:59

2016/04/12 19:59

 

201604122119000

 

 
 

 

ページトップへ