華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 京都嵯峨芸術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、いけばな女性作家展運営委員、大阪府花道家協会常任理事を務められる。

華務長からのお知らせ

上賀茂神社御遷宮に際し、10月17日 嵯峨御流献華式が行われました

11時より、厳かな神域を進列が進み、国宝の本殿の直前にて献花式が行われました。

正遷宮が15日夜中におこなわれ、翌16日の奉幣祭を終えられたあと、17日の献華式はこれから始まる約1か月余りの奉祝行事の初めとなります。

本殿へ至る扉の内側で、非公開での神儀でした。

門跡猊下お手替わり 草津栄晋僧正様、献花者の服部孝月先生・西村強甫先生、垣花悦甫先生、そして京都地区連絡協議会7司所長と司所の有志の方々。50名余りが、無事 栄えある献花を務めさせていただきました。儀式が滞りなく行われるその陰に、多くのご支援があり、そして当日を迎えられましたことに心からの感謝の気持ちで一杯です。

式典終了の後、田中安比呂宮司様から頂いたお言葉の中に、深いご縁のお話がございました。

上賀茂神社で献花式をされたのはこれが初めてとの事、また、嵯峨天皇様の第8皇女有智子(うちこ)内親王様が大同4年(809年)に4歳で賀茂斎院に卜定され、以来、斎院の制度ができ、歴代天皇が斎王を立てられるわされるようになったという歴史。平安時代の勅祭であった賀茂祭が応仁の乱以降一時中断され明治17年に復興されて葵祭となり、昭和になってからは斎王代として京都在住のご令嬢から選ばれるようになったというお話。上賀茂神社独特の事として、本殿と権殿が常に設けられていて全ての調度品などは1対でそれぞれに準備されていること。

 

また、古より賀茂の祭には必ず飾られ徳川家の紋所「葵の御紋」にもなっている二葉葵の葉、この「葵」は古語で「あふひ」と表され、ひ は神、すなわち神様に会うという意味が込められているということを教えて頂きました(祭では、神様に会いに行く という意味を込めて行列の人々が二葉葵を身にまとうのだそうです)。祭の度に大量の二葉葵が必要になるそうで、山に植えても育てるのが難しいらしく、京都だけではすべての葵を供給することは難しく、今は福井県で研究を重ねて育てられた葵をお使いになるそうです。その福井の葵を、京都の染織家の々の長年のご苦心で草木染の染料にし、正遷宮に合わせて几帳や様々な染物が奉納されたとの事、その貴重なるお品を拝見させていただきましたが、鶯色に近い神秘的な美しい色です。古代の色帳には載っていない色とのことで、宮司様が「葵の想い」と命名なさったと伺いました。

 

草津部長様から、このようなお話も出ました。大覚寺に元あった「四季耕作図」の屏風がどういう理由かアメリカのミネアポリス美術館に渡った。美術館では、これがどこのものかを調査し、ふすまの引手を手掛かりに日本へ問い合わせたあり、その引手はまさしく大覚寺独特のものだということがわかり、大覚寺古文書の中にも確かに昔四季耕作図屏風があったことが確認されたのです。

その引手の文様とは、周りを菊の花が取り囲み、中央に葵の御紋が描かれたもの、これは「大覚寺引手」と呼ばれているのです、というお話をなさいました。

 

田中宮司様、藤木権禰宜様と、さまざまなお話しを交わすうちつくづくと、畏れ多いご縁の数々に感動し、嵯峨の花はこのような歴史の流れの中で育まれているものだということが、改めて心に深く響きました。

 

サイズ変更IMG_0128 サイズ変更IMG_0131 
サイズ変更_MG_5416 サイズ変更_MG_5436 
 サイズ変更_MG_5442 サイズ変更_MG_5505
 サイズ変更_MG_5559 サイズ変更_MG_5570
 サイズ変更_MG_5662 サイズ変更_MG_5690
 
サイズ変更_MG_5588

服部孝月先生

 
サイズ変更_MG_5583

西村強甫先生

サイズ変更_MG_5749  

10月16日 上賀茂神社 奉幣祭

晴れやかな青空のもと、上賀茂神社の奉幣祭に参列させていただきました。
二の鳥居を入った楽ノ屋にいけられた嵯峨御流の御所車のいけばなが朝日に輝いていて、ご遷宮のお祝いには誠にふさわしく、嬉しく思いました。

ご来賓は、裏千家大宗匠はじめ各界のご代表の多数の方々。


午前9時に私共は着座して勅使・羽倉信夫掌典のお出ましを待ちます。10時に祭礼は開始され、正午までの儀式でした。儀式のなかでは、「東游び」の雅楽と舞が奏上されました。

終了後の直会はブライトンホテルにて。宮本亜門さんと同席させていただきましたので、同じテーブルの皆様と、宮本様を囲んで写真をとっていただきました。


明日17日11時から、上賀茂神社にて嵯峨御流献華式です。

サイズ変更IMG_9998 サイズ変更IMG_9999 
 サイズ変更IMG_9987サイズ変更IMG_9995 
 サイズ変更IMG_9994 

上賀茂神社正遷宮の儀に参列させていただきました

平安京ができる以前から、賀茂氏の守り神としてこの地にある、上賀茂神社。正式な名前は賀茂別雷神社。平成27年10月15日に第42回正遷宮が行われ、夜20時からご神儀が新しい本殿にお移りになる儀式がおこなわれました。
18時に社務所へ到着すると、既に大勢の神官様方が忙しく立ち働かれ、緊張感が漂っていました。 勅使・羽倉信夫掌典が装束姿で本殿に到着されると式典の始まりです。本殿へ案内されると、京都府知事様・京都市長様・宮本亜門様ほか各界ご来賓のみまもられるなか、厳かな儀式は、神官の歩く音、装束の衣擦れの気配、虫の音、玉砂利のきしむ音しか聞こえない闇の中で、灯篭のあかりをたよりに始まりました。いよいよお移りになる瞬間は、すべての明かりが消され、完全な闇の中を、低い「おーーー」の声とともに白い白布に被われ、真新しい本殿へとお入りになられたのでした。

嵯峨御流の献華式が、17日この本殿前にて厳修される事、身が引き締まります。


写真は撮れませんでしたが、
http://www.kamigamojinja.jp

 

サイズ変更IMG_9979 サイズ変更IMG_9980 

いけばな大阪展、はじまりました!テーマは「新・夢・翔」10月20日まで

第49回いけばな大阪展が、大阪心斎橋  大丸本館7階会場で開催されています。私も会員として前期展に出瓶しております。嵯峨御流は、9番花席ですので、ぜひお越しくだいませ。
会期は、前期が17日まで。後期は20日まで。
毎日午前10時から午後8時まで、(17日と20日は、午後4時30分まで。)

写真は、前期展の作品です。

サイズ変更IMG_9966

辻井ミカ 中井元甫 中山妙洲    髙砂由利甫 三部知甫 徳永久甫

 
サイズ変更IMG_9967

田中喜久甫 上田文甫 濱野優甫 立川紗智甫 松浪順甫 白井陽甫

 
 
サイズ変更IMG_9968

山田宏甫 槇 信甫 新田美恵甫 春木笑甫  髙嶋優甫

 

 サイズ変更IMG_9977

 

上賀茂神社ご遷宮に際し、嵯峨御流が献華式を厳修。御所車に挿花して境内に飾ります。

>上賀茂神社様は、今年ご遷宮をお迎えになります。明日10月15日の夜に、新築された本殿へ御神体がおわたりになる「正遷宮」の儀が非公開で行われます。10月17日11時から、嵯峨御流の献華式が本殿前で厳修されます。献華式は非公開で行われますが、11時に社務所を出る献華者の進列はどなたでも見ることができます。本殿までの境内の長い道のりを50名あまりの装束姿の献華者が歩いて、禊の川の手前でお祓いを受け、また、列にて本殿へと向かいます。


お導師  大本山大覚寺門跡お手替わり 教務担当執行 草津栄晋僧正
師範代表 辻井ミカ
献華者  服部孝月・西村強甫
供華侍者 嵯峨御流京都地区有志

 

御所車の挿花は、10月18日まで展示されています。場所は楽屋。

 

サイズ変更IMG_1017

花材:松 七竈 梅擬 満天星躑躅 黄金這柏槇 観蓮木 柳 アララギ  菊 カサブランカ

 
サイズ変更IMG_1025 
 サイズ変更IMG_0953 サイズ変更IMG_0985

10月11日、「華道未生流展 ~然り~」華展を拝見しました。

華道未生流会館(大阪市中央区高麗橋)において開催されました。
家元  和田高甫先生は、屋久杉の土埋木に、繊細な草花を、それはそれは丁寧にいけられ、大自然の神秘の世界に誘われるような心地が致しました。

お家元の、屋久島でのドキュメンタリーがテレビで放映されるそうです。
「LIFE  ~夢のカタチ~」朝日放送11月7日午前11時~。
タイトルは、「屋久島の山野草・華道未生流  和田高甫」

サイズ変更IMG_9947  

第65回奈良県華道展覧会を拝見しました。

10月8日(金)、奈良県文化会館で開催された、奈良県華道会設立90年記念 第65回奈良県華道展覧会を拝見しました。会場では、会長 松村翠英先生、運営委員 吉村晴芳山先生・梅田和伸先生にお迎えいただき、楽しく歓談させていただきました。
嵯峨御流からは、前後期合わせて5名の先生方が出瓶されています。

この日は前期展で、嵯峨御流の3名の先生方の作品スナップ写真を取らせて頂きました。残念ながら後期は拝見できずお名前だけご紹介します。

前期          三谷利恵甫      岡田幸甫       田中桂甫

後期           榮嶋享甫    境 将甫

 

サイズ変更IMG_9899

田中桂甫

 
サイズ変更IMG_9901

岡田幸甫

 
 
サイズ変更IMG_9915

三谷利恵甫

 

10月8日和歌山大学で華道の講義をしました。

「Japan Study1」という伝統文化を学ぶ課目でのリレー授業です。受講生は年々増えていて、抽選で限定200名なのだそうです。この日も教室は満員でした。
私の講演テーマは、「いけばなで環境を守る」。伝統文化いけばなの花型で、水の連続した流れによって生まれる風景をいけるいけ方「景色いけ  七景」を紹介しました。
七景のうち、3つの景を実演。「深山の景」は、水の源流を表現するもので、貝塚伊吹や満天星躑躅を持参しました。「野辺の景」は、大学のキャンパスに自然に生えている草を採取してもらって、いけてみました。
「海浜の景」写真は撮りませんでしたが、日本の典型的な白砂青松をいけました。


「景色いけ」では、風景を、自然界の中の連続した水の流れによって生まれるものととらえており、その原点である大沢池(庭湖)は1200年姿を変えず存在しています。「景色いけ」は守りたい風景や取り戻したい心象風景、いけばなの型により後世に残し伝える事ができるものです。私たち華道家は、人々の誇りや想いのこもった風景を大切に残していくためにも、いけばなで美しい風景をいけて共感を広げていくことで、自然に関心を持ち環境を守る意識を、人々に広める一助となりうるのではないでしょうか。

サイズ変更IMG_9897 サイズ変更IMG_9896 
 サイズ変更IMG_9893 サイズ変更IMG_9892

9月29日、埼玉大学教育学部付属中学校の学生5名が、嵯峨御流いけばなを体験されました

同中学校は、修学旅行先の京都で、班別学習を実施され、5名の学生がいけばな嵯峨御流を体験するため華道芸術学院に来られました。

私は、西村強甫学院長とともに、学生に歓迎の挨拶を致しました。授業は黒田祥甫先生が担当され、盛花の実技を指導して下さいました。今回のように、学生が進んで日本独特の伝統文化体験を希望されるのはとても嬉しいことです。

サイズ変更DSC_0019 サイズ変更DSC_0039 

JICA研修

10月4日、世界の湿地管理や生態保護に取り組んでおられる、9カ国から10名の国家公務員及び地方公務員の方々が、日本の環境保護について学ぶ研修にこられ、 風景をいけるいけばな「景色いけの」のデモンストレーションとワークショップを、自宅で開催致しました。ワークショップでは、ススキ・鶏頭・コスモス・リンドウ・ひかげのかずらを用いて、想い花景色いけをいけて頂きました。全員が全く違う風景作品となり、それらの違いをお互いに話ししながら大いに盛り上がりました。

 サイズ変更IMG_9708サイズ変更IMG_9717 
 サイズ変更IMG_9723 サイズ変更IMG_9740

ページトップへ