華務長の部屋

辻井ミカ

いけばな嵯峨御流 華務長 華道家 辻井ミカ

Profile

辻井ミカ先生は、祖父・父の跡を継ぎ昭和43年より嵯峨御流に入門され、平成2年派遣講師となり本格的に華道家としての活動を開始される。

平成8年華道芸術学院教授に任命されたのを始め、華道評議員、華道理事、華道企画推進室副室長等の総司所役職を歴任、平成16年より平成26年3月まで弘友会司所の司所長に就任される。

そして平成26年4月1日より華道総司所華務長に就任。
現在 嵯峨美術大学評議員、日本いけばな芸術協会理事、大阪府花道家協会常任理事、いけばな女性作家展運営委員、大正大学客員教授を務められる。

華務長からのお知らせ

4月5日。数寄者で文筆家の、武田好史氏の花宴にお招きいただきました。

嵯峨野二尊院の近くにある観音院様に於いて、花見の趣向で開催された集いにお招きを受けて伺いました。武田さんのインスピレーションにより招かれた著名な10名ほどの方々は、文学者、画家、音楽家、美学者、人形作家、布のアーティスト、数寄者。皆様お互いに初めてお目にかかる方々ばかりでしたが、お話の間を取り持つ武田さんは、めいめいの話の中からキーワードを繋いでいかれて一つの連帯感が生まれ、命、水、美、そういったイメージが心に響く密度の濃い話が繰り広げられていきました。
私は創流千二百年を迎える嵯峨御流の原点についてお話させていただきました。水の大切さ、その流れの連続性が命を育み風景を生む、その美的な表現として嵯峨御流の花態となっている景色いけの事など。そして、嵯峨天皇と空海のお二人により祈りの心を菊花に託し、爾今花を賞ずる者

は之をもって範とすべしと仰った天皇のお心を華道家が連綿と伝え現在に至る事。

日本文化の素晴らしさの根底には、祈りの心がある事を、私自身がさらに強く実感したひと時でした。

 

 

3月31日。うめだ阪急本店9階”Play Kimono”イベントでトークショーに出演させて頂きました。

 

 

 

葉蘭の花

去る3月31日・4月1日の両日うめだ阪急で開催した嵯峨御流弘友会司所創立70周年記念華展では、司所の創立者でもある辻井弘洲が著した「葉蘭百瓶」を、テーマ<守破離>の守で再現した。
生花では、3月4月頃の花期を葉蘭の旬といい、この間は他の花をあしらわないで葉蘭だけをいける。
葉蘭の花を、地面を掘るようにして探したが見つからず諦めかけていたところ、東京のさる流派お家元のFBに葉蘭の花を見つけましたとの記事が!羨ましいですとコメントしたところ、お家元から、よろしければお使いくださいとの大変有り難いご厚情をいただいた。
そして何と、翌日のいけこみ日の朝、宅急便のお兄さんから私の手の中に、丁寧に丁寧に包まれた葉蘭の花が手渡された。
この感動、涙が出ました!心に力がモリモリ湧いてきました!!

葉蘭の花は、生花と文人華に分けて使わせていただき、文人華では青磁の水仙盆にそのままの根洗の姿に葉蘭の葉を添えていけ、会員皆々 珍花を拝見し勉強させていただいた次第。

 

 

3月31日・4月1日。嵯峨御流弘友会司所華展創立70周年記念華展「守破離」

うめだ阪急本店9階の「阪急うめだホール」で、嵯峨御流弘友会司所創立70周年記念華展を開催しました。


弘友会司所は、昭和22年、当時総司所華務長・法印 辻井弘洲師の直門ばかりが、 所属の大阪司所から発展分離して創立した司所です。様々な時代の変遷を乗りこえてこられたのは、先輩諸先生・司所会員が一致団結して「和」の心で司所運営に臨まれた賜物です。
今回の華展では、弘友会司所のモットーである「和」の精神を生かし、一つのファミリーだからこそできる<全員で一つのストーリーを描く>また、そのストーリーの中で、<一つ一つの作品が輝く>という事を目指しました。まるで曼荼羅のように全ての作品が繋がって一つの世界を表現するように。

シアターでもあるこの会場は、13mの高さがあり、会場構成は、立体的な展示を心がけて、ご来場の皆様には作品の間を回遊しながらご覧いただけるよう工夫しました。瀬原加奈子様の、畳一畳ほどある紙に力強く書かれた書「守」「破」「離」が掲げられると、会場がピリッと引き締まる思いが致しました。

31日午前11時オープニングは、辻井美穂様による「嵯峨御流の宇宙観と、永遠のいのちの水のめぐり」をテーマにしたパフォーマンスでした。伊東美知甫司所長挨拶、華道総司所理事長伊勢俊雄僧正様のお言葉で開幕となりました。
二日間の会期中、流内外から、またご遠方からもご来場いただき本当にありがたいことでした。会員も、ご友人やご家族と楽しげに会場の花を見ながら語り合っておられ、和気藹々とした雰囲気の会場でした。ご無沙汰していた知人が、花会をきっかけに訪ねて来てくださり、まさしく花のあるところには人から集まり、明るい会話が弾むのだな、と実感致しました。

人の心は、明るくて美しいものに自然と寄ってくるものですね。花のある場所で、花を通じての人と人の御縁が、光と力を生む!いけばな展は展覧会というより、昔ながらの呼び方「花会」という方がふさわしいという気がしました。

 

 

 

3月31日、4月1日。嵯峨御流弘友会司所の、創立70周年記念華展が、うめだ阪急9階で開催されます。

大阪、うめだ阪急本店9階の阪急うめだホールで、いけばな嵯峨御流弘友会司所会員有志150名によるいけばな展が開催されます。私も一作出瓶しており、両日とも会場におります。
もし、うめだへお買物などにお越しの際にお立ち寄りくだされば嬉しいです。

会場構成はデザイナーさんとのコラボレーションで、壁が無い構成です。

3月31日11時から19時。
4月1日11時から17時。
31日午前11時オープニングは、辻井美穂さんによる、水をテーマにしたパフォーマンスで幕開けとなります。
いま、会場は準備で戦争状態。幟のように瀬原加奈子様の書「守」「破」「離」が掲げられました!
すごい迫力の書!誇らしくて、感動しております。

 

image1

3月24日。第一回 西宮神社境内社百太夫神社文化芸術講演会。

3月24日。西宮神社様主催の第一回講演会を拝見しました。
嵯峨御流副総裁岡田脩克先生のデモンストレーションと、理事岡田芳和先生の「嵯峨天皇の残されたもの」ご講演でした。デモンストレーションは、二胡と篳篥、シンセサイザーによるライブとのコラボレーションで大変楽しませていただきました。
講演会に先立ち、350名あまりの参加者全員で、本殿ならびに、境内社で芸能の守り神である百太夫神社に参拝させていただきました。
清々しい空気と、大勢の方に信仰される活気ある神社ならではの賑やかな雰囲気の境内を歩かせていただいたのは子供の時以来久しぶりでした。

image1

嵯峨御流名古屋司所創立65周年記念花展「浮遊花〜智慧と慈悲をいける〜」が、3月24、25の両日開催されました。

会場は、興正寺の広い境内の中の殿舎で、お玄関には、司所長の荘厳華が飾られていました。お座敷や離れなど、その部屋ごとにあわせた床の間や展示のしつらえがとても素敵でした。嵯峨御流の伝承花や、華やかで創作的な作品の数々、また文人華では素晴らしい佳瓶を拝見でき、庄司信洲先生から寓意の解説もいただいて、充実した時をすごさせていただきました。
白砂のお庭には、108の煩悩を庭一面に放たれた青い玉で表されていました。お庭を背景に陶器の嵯峨天皇様、そのお姿の前にハートの献花、と隅々まで趣向をこらされ、愛に満ち溢れたお花会でした。

 

3月24日(土).25日(日)大覚寺。 夜のイベント「嵯峨の月光(つきあかり)と さくら」が催されます。

 

大覚寺ウオータースクリーン プロジェクション「嵯峨の月光とさくら」がいよいよ3月24日・25日の両日、午後6時から8時30分まで、夜の大沢池 で上演されます。

23日18時に、記者会見とお披露目会が行われ、門川大作京都市長、伊勢俊雄大覚寺執行長、竹原善生大覚寺部長、渡辺好章同志社大学教授、華道嵯峨御流華務長のご挨拶につづき、草笛光子様のナレーションで約10分間の映像が映し出されました。

平安時代から、今も現存する最古の庭池に於いて巨大な水のスクリーンに投影された光のアート。そこに表現されていたのは、嵯峨天皇と空海のお二人が、命の尊さと平和を祈る心の表現でした。嵯峨天皇が空海のお勧めにより、自ら人々の苦しみを救うために書かれた写経と、花に託された祈りの心が、命の根源である水をスクリーンにした幕に美しい映像となって物語が繰り広げられるのです。

スクリーンには、一足早い桜が溢れるように満々と咲き、1200年前から変わらない池の水面に、斬新なアートが見事に融合する、感動の時でした。
私の心の中には、瑞々しい感動が広がり、力が湧いてきました。自然を愛し、人に寄り添う心を表現すること。これが私がいけばなで伝え続けていきたいことだと、改めて心に湧き上がるものがありました。

昨今の様々な災害、特に近年の東日本大震災で今なお苦しむ方の苦悩を思うと、胸を締め付けられます。少しでも早く、少しづつでも立ち直ってほしい、その気持ちは私共も同じです。嵯峨天皇が人々に寄り添い、祈る気持ちが人々に力をもたらしたように、大覚寺では昨年12月に「ふくしまサクラモリプロジェクト」により福島の桜を大覚寺に移植され、福島の復興にむけて、毎年この桜の開花と共に未来もずっと一緒に福島を思い続ける、という意思を示されました。
嵯峨天皇は、花宴と呼ばれるお花見をされた初めの方でもいらっしゃいました。
深いご縁を感じます。。。

この企画は「嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年戊戌開封法会・春」、そして「いけばな嵯峨御流創流1200年」の記念事業でもあります。

今年の10月・11月の二ヶ月間、勅封般若心経は60年に一度のご開封の歳にあたり大覚寺の中で公開されています。その期間中の10月12日から14日までの3日間、いけばな嵯峨御流華道祭がお寺の中で開催されます(10時から16時)ので、秋の嵯峨野へお運び頂けましたら大変嬉しく存じます。花は人と共にあり、心を慰め、時に勇気をもたらしてくれるもの。嵯峨天皇が平安の御代、庭の菊を手折られいけられたところ、自然の姿に天地人の調和が備わっていたことに感動され、「爾今花を賞づる者はよろしく之を以って範とすべし」と仰せになられた事が伝えられています。天皇の広い御心を伝えていくために多くの華道家が流派を超越して集い、その集まりがやがて川となり大河の流れになって今に至る嵯峨御流は、これからの未来、人も自然も縁を結んで絆を大切にする事で強く明るく開かれていくという事を花に託して、新花「花がさね」を発表しました。
花も人も、信念を大切に、思想を守り、周りの環境に合わせて変化しつづけ進化しつづけていく事の積み重ねが伝統を生むのだと思っております。

大覚寺大沢池で、夜のイベント「嵯峨の月光(つきあかり)と さくら」が催されます。 3月24日(土).25日(日)

大覚寺大沢池で、夜の特別拝観
ウオータースクリーンプロジェクション「嵯峨の月光(つきあかり)と さくら」が催されます。18:00〜20:30。

嵯峨の地をこよなく愛した嵯峨天皇が、この日本最古の林泉といわれる大沢池に映る月を見て観月を楽しまれた場所です。1200年前と同じ場所、同じ水面に、新らしい光が放たれる瞬間を体感できること、ワクワクします。

プロジェクションに彩られた大沢池が、皆様に、より愛されて、この池に象徴される 命の大切さと世界平和を祈られた嵯峨天皇様の大御心が、未来に永く伝えられていきますよう願っています。
https://www.daikakuji.or.jp/event_season_spring/#tsuki

 

マッピング①

ページトップへ